散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



やっと雨があがった。
やっと雨が上がりました。

車のボンネットに夕べ降った雨の名残がくっついていました。
IMGP0196.jpg

地に落ちず 秋霖の雫 天に帰す
(ちにおちず しゅうりんのしずく てんにきす)

秋雨の 鉄に滴り 地を知らず
(あきさめの てつにしたたり ちをしらず)

日が高くなればボンネットの雨粒も蒸発して、また、雲となり、雨となって降るのです。
長雨はまだ続くのでしょうか。
ここが目的地だと思っていても、その先にまだ未知の世界がある。それを知らずに元へ戻ってしまえば、同じことを繰り返すばかりだ。



こどもたちの元気な声で目が覚めました。
夏休みが終わって学校が始まったのですね。
IMGP0195.jpg

秋の朝 道に戻りし 子らの声
(あきのあさ みちにもどりし こらのこえ)

子らの声 弾けて黙す 法師蝉
(こらのこえ はじけてもくす ほうしぜみ)

法師蝉も鳴き声を止めてしまうほどの元気なこどもたちの声が、病気の我が身に入り込んで来た。なんだか元気になったような気がします。



この週末には「小金宿祭り」が開催されます。
長女は土曜日も日曜日もお囃子と、盆踊りの太鼓で参加します。
次男は日曜日の盆踊りの太鼓だけ。
長男は、今年はお休みするそうです。
IMGP0198.jpg

提灯が 踊り手を待つ 秋の夜
(ちょうちんが おどりてをまつ あきのよる)


IMGP0200.jpg

目に灯り 街人の並み 秋提灯
(めにあかり まちひとのなみ あきちょうちん)


IMGP0203_20080904230119.jpg

灯が点り 浮かれ提灯 駅の秋
(ひがともり うかれちょうちん えきのあき)



ようやく秋っぽくなってきました。



【2008/09/04 23:08】 | 俳句 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/85-623fd2d0