散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



昔の氷と今の氷 (-.-#)
ある和菓子屋の氷の量と質。

三、四年前のことであろうか、女房が東部地域医療センターに通うことがあった。
その時、ある和菓子屋で食べた氷は絶品だった。
こんな氷があるのだろうかと、感激し、興奮したものだった。
氷にざらつき感が全くなかったのだ。
口に入れた瞬間に消えて無くなる感じがした。
ふわふわの雪がガラスの器にうずたかく盛られている。
そこに、抹茶ベースのシロップがかけられている。
とにかく、ふわふわだったのだ。
昔の伊勢屋の氷 (1)
↑数年前の氷。


それから数年経った今、画像の距離感で大きさは違うが、よく観察して欲しい。
ふわふわはなくなり、細かいじゃりじゃりになってしまった。
量もうずたかくではなくなった。
値段は?比較するのを忘れていた。
とにかく、がっかりした。
友人に得意気に自慢できる物が一つ無くなってしまった。
IMGP1600_20080808012558.jpg
↑今の氷。

どこかに、おいしい氷はあるのだろうか?
また、そういう物にめぐり会えることを楽しみにして、散歩の範囲を広げていこう。

そう言えば、値段は変わらないが、量が微妙に少なくなっている物がたくさんある。
量が少なくなって、値上がりしている物もある。
車には122円のガソリンがまだ半分の量で入っている。
180円台が当たり前になってきている。

消費税増税内閣が誕生した。
また、便乗値上げがめじろおしになる。

元値が上がっても、消費者以外は損をしない。
全部上乗せしているからだ。
だから、本当は、みんなで、不正がないかチェックしなければならない。
でも、売り手がつける値段に不正など存在しない。
ずるをしようが、利幅を膨らませようが、売り手の自由だ。
それに追随しなければならないことに腹が立つ。
物がなくなれば、物価はべらぼうに上がる。
必要な物には追随しなければならない。
122円のガソリンがまだ半分残っていることは、ガソリンを使わないようにしたからだ。
これが自然の行動だとすると、消費税がこの経済状態の中で上がった場合、
消費は麻痺し、膠着するのだろう。
そして悪循環が始まる。

あーあ。
ちょっと、愚痴ってみました。


【2008/08/08 01:55】 | 散歩 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/58-9a5d1f9d