散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



オウリの世界
オウリの世界をいよいよアップしていきます。

わたしが死んだら、わたしはどこに行くの?
それは、おまえが思っている世界に行くんだよ。

たった今、死んでしまった人間。
たった今の直前に、生きていた人間。

何が、どう違うの。
生命、いのち、って何だろう。



オウリの世界




タイトル  「オウリの世界」

原稿用紙換算 732枚
執筆期間   2006年1月~2007年5月


梗概

「この世からあの世へ」
 
 夢にうなされて目覚めた愛子を、焚き火の向こうから黒い甲冑を纏った男が見詰めていた。男に導かれて荒涼とした死と生の狭間を歩き続け、白く枯れた森の中で眠りについた。夜毎の夢が、彼女から前世の記憶としがらみを喪失させ、最後の夢で自分の死を悟り、愛子は来世に生まれる生命となった。

「観察師長ロウ」

 ロウは強い生命力を持って生まれる者の予兆を感じ、一際明るく輝く生命塊を夜空に見つけた。
 
「黒い妖獣」

 月のない夜、国境に近い大森林地帯に黒色の巨大な妖獣たちが出現し、五つの村が襲われ、ほとんどの幼児が殺害された。三日後には、海辺の町オナハが襲われた。

「愛子の再生、オウリの復活」

 襲い来る妖獣たちと大火から逃げ惑う群集にオウリの家族は呑み込まれ、父を見失い、辛うじて母のエキと逃げ出したが、獣たちに追い詰められて二人とも殺されてしまう。オウリの屍に愛子の生命塊が宿り、人智を超えた生命力を持って新生し、妖獣たちを一瞬で消滅させた。

「出会い、オウリの仲間たち」

 災禍の町の中にロウはいとこのオウリを見つけ、予兆の者が彼女だと確信する。
 翌朝、二人は遺跡調査員のネイサの案内で遺跡に行き、オウリはそこで生命塊になった母に会い、自分が特別な役割を担う者だと教えらた。

「執政局と観察局」

 王権転覆の憂いを拭いきれないツナラ国王クオーネは神秘学の教授スタナを迎え、観察師たちの予兆により動乱や災害を未然に防いだ。王の孫娘と婚姻をしたオラニルは保安組織を強大な権力を持つ執政局に造り替え、その頂きに君臨した。

「神々の原罪」

 生命力を管理する者たちを人々は神と崇めた。彼らは遠い昔、生命塊の世界に肉体を創り、その生命を狩る喜びに浸って来た。彼らの原罪は生命が培う生命力を悪化させ、その為に潰滅の危機に瀕した超越者は、神々を浄化する者を向かわせた。

「神が怖れるもの」

 ズカネ神は浄化する者の誕生を怖れ、オラニルに顕現し、その者を滅ぼすように命じ、現王から王権を簒奪するように啓示した。

「奇跡を行う美少女オウリ」

 被災者を癒やすオウリは、更なる犠牲者を懸念して、姿と居場所を明らかにした。合流した観察師長のイクーユとロウはネイサの生命力の強化を図り、襲来して来た妖獣たちを壊滅した。その戦闘の最中、イクーユは妖獣の元根がオラニルの娘ラトリーであることを突き止めた。

「転覆」

 王権簒奪を成したオラニルは国軍を動かし、オウリを攻撃しようとしたが、オウリと彼女の仲間たちに王宮へ乗り込まれ、彼らの圧倒的な生命力の前に屈した。

「神と戦う美少女オウリ」

 オウリは生命塊となり、アムカを入口にしてズカネの次元に渉った。壮絶な戦いの果てにズカネは屈服し、オウリはズカネを厳しく糾弾し、原罪を明らかにし、欲望を浄化した。しかし、欲望の根源を明らかにすることはできなかった。

「正された真理」

 オウリが復活した時、ズカネ神も顕現し、アムカにツナラの真理を啓示し、アムカを浄化した。秩序が正されたツナラは生命塊だけの世界となる。アムカは自分が最後の肉体をもつ者になることを知った。

「旅立ち」

 壮行の宴で踊るオウリに、この世界に生まれたばかりの生命塊たちが遊び戯れていた。
 明日には、神々を汚染する欲望の根源を求めてオウリと彼女の仲間は新たな旅に出発する。


【2008/09/03 10:00】 | 小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント
壮大なスケールの世界がいよいよ始まりましたね。
ブログでの発表で,新しい展開が起きることも願っております。
【2008/07/12 17:35】 URL | 陰丸 #qImZ8dwg [ 編集]

オウリのイラストを
陰丸さん、いつもありがとうございます。
一度書いたのですが、アップされなかったので、もう一度お礼とお願いを載せます。
本当に、ありがとうございます。それから、陰丸さん、わたしの小説にもイラストを描いてください。料金は本が売れてからと言うことで、お願いします。すでに、オウリを読まれた陰丸さんにはイメージができあがっているかと思います。忙しすぎて、それどころではないことは充分知っております。
【2008/07/13 03:30】 URL | きんさん #- [ 編集]

きんさん,お遊びのイラストは気兼ねなく描けますが,オウリのような完璧に構成された世界は,責任重大で思わずコメントを読まなかったことにしたいくらいです。

が,そのうちその気になれたら描いてみます。原稿料は不要です。友人関係のイラストやイメージなどは,空き時間に作成しますので(^o^;)。ブログなので,後からでも図の挿入はできますし,修正も可能ですからいいですね。
【2008/07/13 15:01】 URL | 陰丸 #qImZ8dwg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/31-f224e0c9