散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ジュンノスケと大堀川土手を散歩(7/5の散歩)
この日は柏のジュンノスケと散歩をすることになった。
梅雨が明けたかと思うくらいに暑い日だったが、散歩コースには時折、暑さに息をつかせてくれるいい風が吹いていた。
ちなみにジュンノスケは女房の従妹の子供だ。子供だと聞く度に、旦那は犬かと心の隅で突っ込みを入れていたが、今では、ソフトバンクのコマーシャルで白い犬がお父さんなのだから、当たり前の世の中になったらしい。
普段は座敷に居るジュンノスケだから、毛並みがいい。ちょっと太り気味なのか散歩の途中でへばっていた。その度に、ミネラルウォーターを飲む。なんて贅沢な奴だ。
途中で会う犬同士は顔見知りなのか挨拶をする。ジュンノスケは相手のけつやあそこの匂いを雄雌関係なく嗅いでいた。変な趣味を持っている。わたしも若い雌にはそうしたいとかねがね思っていたから、ジュンノスケと趣味を同じくするわけか。ただし、人の雌である。
写真の一枚一枚に記事を書くのも、ジュンノスケの考えがよく分からないため、ここでは省くことにした。まあ、見る方が勝手なナレーションを入れる方が良い場合もあるだろう。そう言うことで、手抜きで申し訳ない。

わたしは、北小金から常磐線に乗って柏まで行った。従妹のマンションは柏の駅から歩いても遠くない。久しぶりに会ったジュンノスケは飛び付いてきたが、すぐに歩き始めた。トイレを我慢していたらしい。
柏市役所の脇を抜けて、16号線を渡り、慈恵柏病院の裏手を通り、柏公園を横切って、弓道場の当たりから大堀川の土手に出た。
大堀川は手賀沼に注いでいる川で、どこに源流があるのかはよく知らないが、大鷹の森か柏の葉公園の辺りであろう。今度、源流を見つけに言ってみよう。
昨年3月に散歩道とサイクリングロードが整備された。それは利根運河に繋がっているらしい。そうなると散歩コースは大変な、距離になり、わたしが低血糖で死ぬかも知れない恐れも出てきた。
 利根川、手賀沼、大堀川、利根運河、利根川あるいは江戸川・・・さかがわ、富士川と整備された散歩道がずっと続いているのだろうか。そうなると、国や県や市は、わたしのリハビリに合わせたように、利根運河も大堀川も整備してくれたように思えてしまう。ちなみに、大堀川には鮭が遡上するらしい。数年前までは全国一汚い川と沼だったのに、今では五本の指からも外れたらしい。
 
 途中で新しいスポーツ道具を乗りこなす人に会った。スケボーのように乗るのだが、片足ずつにセパレートしている。よく操作できるものだ。やがて流行出すのかも知れない。

ジュンノスケはたくさんの仲間と会って、走り回って、めいっぱい遊んだ。
だから、帰りは、へばってしまい、所々で従妹は彼を抱いて歩いていた。犬の散歩とは、大変なものだ。それを雨の日も、雪に日も、台風の日も続けている。なるほど、ジュンノスケは従妹の子供ということだ。

犬の遊び場は、人の社交場でもあった。みんな、自分の犬が自分の子供で、一番可愛いらしい。乳母車に公園デビューと同じなのだ。

季節は梅雨の終わりかけで、町中には麦秋の畑があった。


�y���b 写真画像クリックすると大きな画像になります。 �s�[�X

  
  北小金駅下りホーム 柏駅東口 ジュンノスケ現る

  あじさいにマーク 住宅街を手賀沼方面に もう疲れた

  水おくれ 柏市弓道場の辺り 大堀川遊歩道

  何か臭うぞ おいらの散歩道 木にマーク

  休憩所1 休憩所2 休憩所3

  何か文句あんか この木にするぞ よしおれのマークしたぜ

  反対側の土手 大堀川を見詰めて おさんぽ動物病院だ

  病院の中は涼しい 麦の秋 鴨耽る

  風車に立ち向かえ おまえのけつくせいぞ 日が傾いてきた

  あたらしいスポーツ道具 乗ってみせられた おお馴れ馴れしいぞ

  あそぼうよ 遊んでよ 遊ぼうぜ

  えさくれ ついてこい はい、付いていきます

  犬の溜まり場 人の社交場 さあ帰ろう


散歩に付き合ってくれた、ジュンノスケと従妹には感謝、感激である。
本当に、ありがとうございました。

散歩が終わる頃はもう夜だった。
女房の仕事が終わる時間に女房と待ち合わせた。
三人で居酒屋へ。
女房が従妹に言っていた。
「今日は、ありがとうね」
わたしは女房の子供なのだ。

それはそうと、こんなに写真を並べて、容量は大丈夫なのだろうか?


【2008/07/08 10:26】 | 散歩 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント
いとこさんにジュンノケときんさんが散歩に連れて行ってもらったのですね。
【2008/07/18 04:02】 URL | ぐっちー #JAx.geIE [ 編集]

グッチーさんその通りです。
みんなが気を遣ってくれます。
そういうことに慣れていないので、身を置く場所に躊躇いや、気恥ずかしさを伴い、落ち着かなくなります。
【2008/07/18 08:44】 URL | きんさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/27-e8ce598b