散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



150万円かけて家のリフォームをしました。(^_^;)
150万円かけて家のリフォームをしました。
TOTOのネオレストRH2Wという一番高価なトイレを設置しました。
それも、1階と2階分。
自動的に開閉しますし、自動的に流れます。
据え付け後、私の誕生日のお祝いと云うことで柏の「かぎや」に行きました。
帰りがけにトイレに寄りました。
とてもきれいなトイレで、私はふたが開くのを待っていました。
なかなか、ふたが開かないので、壁に据え付けられている操作盤を隅から隅まで幾度も見て、ふたの開閉スイッチを探しました。
どこにも、それらしいスイッチがないので、困り果て、店の人に聞こうかと思い始めていました。
そして、「はっ」と気づいたのです。
自動開閉ではないことに。
ふたの隙間に指をかけ、ふたを持ち上げました。
無事に小便をすることができました。
ドアの外には、心配した次男が立っていました。
あまりにも遅いので、心配で様子を見に来たとのことでした。
「トイレのふたが自動で開かなかったので、開くのを待っていて時間がかかった。あれは自動ではなく、手動だった。家のトイレが自動なで、もう癖が付いてしまった」
と話すと、そばにいた女将が、
「申し訳ありません。自動ではないのですよ」
と、済まなそうに謝った。
階段の下で待っていた女房たちに話すと、皆、大きな声で笑った。

IMGP4594a.jpg

あと、階段を板張りにして、私の居室になっている八畳の和室をフローリングにし、トイレの壁紙、天井、床を張り替え、六畳の和室の畳を最高級品にし、風呂場の換気扇とブラインドを新品にし、一階のトイレに換気扇と手洗いを付けた。

【2013/05/28 23:21】 | 散歩と料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/229-266f6a17