散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



おはよう (*_*)
イルが盛りの時期を過ぎても鳴くので、一頻り鳴いた後に、「おはよう」と話しかけてみた。
ゆっくりと、はっきりと「おはよう」と話しかけると、彼女自身の一人鳴きを止めて、私を見た。
もう一度「おはよう」と言うと、彼女も「おはようと」言おうとした。
まだ、猫語で、「おはよう」とは聞こえないが、確かに「おはよう」という音節になりかけていた。
そこで、再度、「おはよう」と話しかけると、今度は、音節が明確になり、彼女の発音は「おはよう」となった。
もちろん、人間の話す日本語には聞こえないが、「おはよう」と聞こえるから、面白い。
彼女が黙って私を見ているときに、「おはよう」と語りかけると、「おはよう」と返してきたので、驚いた。
そのことを、女房に話すと、全く相手にされなかったが、その後、「イルが、おはようと言ったわ」と、うれしそうな顔を見せた。
それからは、イルの鳴き声が、いつも「おはよう」聞こえてしまうから、やはり、気のせいなのかも知れない。
【2012/03/02 00:06】 | | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/210-40109845