散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



桜とリハビリ
CA3C0115.jpg

遠くまで歩くことに、まだ、恐れがあり、近所を散歩しています。
4月11日、日曜日は天気も良くて、ビデオ屋から駅前、そして東漸寺まで歩きました。
こどもたち三人が、心配顔で付き添ってくれました。
駅前ではポポラマーマというイタ飯屋で昼食にカロリーの低いペペロンチーノバジルを食べました。
娘のおごりで、感謝感謝です。
東漸寺は徳川家縁の寺です。
今の時期は桜が満開で、花見客が殺到しています。
殺到していると言っても、知る人ぞ知る名刹なので、上野ほど混み合うわけではありません。
垂れ桜から始まって、ソメイヨシノ、八重桜と花の時期を繋ぎます。

CA3C0239.jpg病窓の ブラインド上げ 春を見る 
(びょうそうの ぶらいんどあげ はるをみる)

以前に披露した句ですが、写真を撮っていたので載せます。
病窓から見た春の空です。左の方のビルは松戸駅です。
駅のベルが聞こえてきます。

駅にベル 我が生命また 走り出す
(えきにべる わがいのちまた はしりだす)(無季)

明け烏 春の嵐に 遊び飛ぶ
(あけからす はるのあらしに あそびとぶ)

春嵐 雲攻め上る 大軍勢
(はるあらし くもせめのぼる だいぐんぜい)

花猛る この世にはまだ 未練有り 
(はなたける このよにはまだ みれんあり)


CA3C0254.jpgCA3C0261.jpg

学僧も 落花を踏みし 石畳 
(がくそうも らっかをふみし いしだたみ)

東漸寺(自宅から3分)は徳川家縁の名刹で、学僧たちのためのお寺だったそうです。

CA3C0264.jpgリハビリのための散歩に、三人のこどもたちが付き添ってくれました。

花吹雪 見張りの子らの 目を盗む
(はなふぶき みはりのこらの めをぬすむ)



お寺の裏の広場は花見の宴会がたけなわです。わたしも花見客の一人で、花にすっかり浮かれてしまいました。


リハビリに 子らが付きそう 桜人
(りはびりに こらがつきそう さくらびと)

桜人とは花見の客のことです。


CA3C0267.jpg

CA3C0274.jpg

一陣の風が吹きました。花びらがくるくる回りながら散ってきます。
すでに地面は花びらが敷き詰められた、桜の絨毯です。


幼子が 落花を追うて 手をのばし
(おさなごが らっかをおうて てをのばし)

彼女のカップには桜の花びらが上手く入ったようです。覗き込んで、にんまりと笑顔を見せました。

CA3C0279.jpgりっぱな仁王門に、枝振りの良い桜の木が寄り添っていました。すばらしい景色です。

仁王門 寄り添う桜の 立ち姿
(におうもん よりそうはなの たちすがた)

春のお彼岸も過ぎたのに、六地蔵の前には花が添えられていました。
お墓にも、たくさんの花が添えられています。
桜の花を愛でに来た花人たちが、花を添えてお参りをしたのでしょう。

六地蔵 花人たちが 花を添え
(ろくじぞう はなびとたちが はなをそえ)


CA3C0266.jpg

CA3C0257.jpg自宅の庭にも大きな桜の木があります。病床のベッドに寝ながら、破れ障子の穴から、夕映えの桜の花が白く浮かび上がって見えます。

夕暮れに 白く映えたる 庭桜
(ゆうぐれに しろくはえたる にわざくら)

満天星(ドウダンツツジ)が満開を迎えようとしています。

軒先に 満天星の花 溢れ咲き
(のきさきに どうだんのはな あふれさき)

木の芽(山椒の若芽)が柔らかな緑を付けています。
千切って、料理に使います。

気付かずば 木の芽は色を 濃くしたり
(きづかずば きのめはいろを こくしたり)してしまう


CA3C0258.jpg

CA3C0259.jpg



【2010/04/12 22:53】 | 散歩 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/164-6d9b453b