散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



今日から入院します。(;。;)
今日から入院します。

「経皮的冠動脈形成術のステント留置術」という手術を受けます。
心臓を養っている冠動脈の狭窄部位まで手首の動脈からバルーンカテーテルという細い管を入れて届かせ、狭窄部位を風船で膨らませ、同じように膨らんだステントと呼ばれる小さな金属製の網状チューブを広げた部位に留置し、風船をしぼませて血管から抜きます。
カテーテルを挿入する手首に簡単に麻酔をするだけで、意識ははっきりしているし、モニターを見ることができ、心音や医師たちの話し声が聞こえます。
カテーテルが手首の動脈から肘や肩を通過する感覚もあります。

気が弱いので、結構どきどきしてしまい、その早くなる心音を聞いて、更に、心音が早まります。

危険性は0.1%~1%と低いそうですが、予後の薬の副作用や、ステント部位の再狭窄など考慮すると、20%~30%は、危ないと言うことでしょうか。

一番起こり得る危険性は、狭窄部位を広げるときに、そこが破裂してしまうことです。
心嚢内に血液が急速に貯留し、心臓を圧迫します。
私の心臓は、一昨年の心筋梗塞で3分の1が壊死状態ですから、まあ、まず助からないでしょう。

二番目は、術後に起こる血管閉塞です。術中に剥がれたりした粥腫が他の部位に流れて梗塞を起こすことが考えられます。

三番目は、ステント留置部位に再び、粥腫が形成され、心筋梗塞を引き起こすことです。

数え上げたら切りがありませんが、A4用紙9ページに亘る説明文に事細かく書かれていました。
最後に、危険性を理解したかと問われ、理解したなら理解した上で手術をすることに同意するかと、決断を迫られます。サインして印鑑を押して、同意したことになります。

まあ、まな板の鯉状態ですから、ひたすら、生還することだけを願い、祈っています。


そして、女房へ。

特級の幸せは上げられませんでしたが、
あなたと生きてこられて、
あなたと暮らすことができて、
あなたといろんなところに行けて、
あなたがすてきなこどもたちを産んでくれて、
あなたと共に悩むことができて、
あなたと共に喜ぶことができて、
わたしは、最高に、幸せでした、
あたしは、本当に、幸せでした。
心の底から、ありがとう。

今でも、あなたが、大好きです。
今でも、あなたに、恋をしています。
そして、そして、深く、強く、あなたを愛しています。

こんな私を受け止めてくれて、
こんな私を、好きでいてくれて、
こんな私を、愛してくれて、

本当に、本当に、、ありがとう。


そしてこどもたちへ。

わたしのところに生まれてくれて、ありがとう。
どこの誰よりも、優しいこどもたちで、ありがとう。
いつも、いつも深い思いやりを、ありがとう。

こんな、私を受け止めてくれて、ありがとう。

あなたたちが、私は、大好きです。
あなたたちを、深く、強く、愛しています。

そして、お願いします。

お母さんを、大切にしてください。
私の分まで、深く深くお母さんを愛してください。

そして、みんなで助け合って生きてください。

よろしくお願いします。


【2010/03/19 12:11】 | 散歩と料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/162-5633ab39