散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



アバター AVATAR/3D ENGLISH を見て来ました。(^_^)
アバター AVATAR/3D ENGLISHをTOHOシネマズおおたかの森で見て来ました。

チケットの購入の簡便さに驚きました。
ネットで日時と席を指定して簡単に購入できたのです。
こんなことは、当たり前のことなのでしょうが、私には、初体験でした。
たまたま、何時からスタートするのかと調べてみたら、
「Vit」で購入できる仕組みに誘導され、簡便さに押されて、
女房と娘と私の3人分のチケットを購入してしまいました。
しかも、シニア及び夫婦50%割引やシネマデイ50%割引などで、
半額近くになっていたので、値段に関しても、文句はありませんでした。
上映数時間前に予約をしたわりには良い席が空いていて、席に関しても文句はありませんでした。
ただ、3D用のめがねが汚れていて、ハンカチなどで拭いても取れない油汚れで、見にくいことこの上なしという不愉快さでした。私だけかと思ったら、女房と娘も同じ状態でした。
手垢やポップコーンなどの汚れなのでしょう。
3Dが売りなのですから、映画館でしっかりとその辺のサービスをするべきだと感じました。
また、肌を間接的に触れ合う道具ですから、不潔感が拭えません。
映画館の怠慢と言うことなのでしょう。
また、TOHOシネマズの本部の指導不足もあるのでしょう。

下記は購入後に受信したメールです。
こんな簡単にチケットが購入できてしまうんですね。

***********************************************************
このたびはご購入いただきまして誠にありがとうございます。
Thank you very much for your purchase.

■購入番号 Confirmation Number ○○○○ (TEL:○○○-○○○○-○○○○)
■映画館 Theater TOHOシネマズ流山おおたかの森 TOHOCINEMAS NAGAREYAMA OOTAKANOMORI 
■上映日 Date 2010/2/14 ■時間 Time 17:30~
■合計金額 Total Price \3,900 ■座席番号 Seat Number I-10 I-11 I-12
■映画名称 Movie (字・3D)アバター AVATAR/3D ENGLISH

※チケット発券時には、上記の電話番号と購入番号の入力が必要となります。
*You need the above phone number and the confirmation number
when you pick up your ticket(s) at the vit ticketing machines.
*************************************************************

映画自体は、3Dも含めて、良かったと思います。
私から見て、まあ、合格点でしょう。
内容は、「風の谷のナウシカ」をベースに「ファイナルファンタジー6、13」「天空の城ラピュタ」「マトリックス」などをぱくりまくったような物でした。
ただ、大昔チャットで始めて、今は、「Wiiフィット」などで使っているアバターに焦点を当てたアイデアは、それだけで、花丸でしょう。
次男と娘がゲラゲラと笑いながら話していました。
長男も次男もネットゲームにはまり、特に次男は今でも、はまりッ放しです。
ゲームの世界と現実の世界の区別がつかなくなってしまうらしいのです。
アバターの中の台詞に「行ったら、戻れなくなる」など、ぴったりと当てはまる物が数多く出てきて、おかしかったのでしょう。

とにかく、面白かったです。


【2010/02/14 23:34】 | 映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/159-0ecdd269