散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



カボチャの冷製ポタージュ(^_-)-☆
冷製と言えば夏の食べ物だが、冷夏とはいえついこの間までは、確かに暑かった。
その折に、カボチャの冷製ポタージュを作ってみた。

IMGP0210_20090923190137.jpg

最近は、見たこともないカボチャが出回っていて、ソーメンカボチャなる物も試してみた。
ソーメンカボチャはとても簡単で、大きく切って茹でればいいだけだ。失敗したのは、急ぎすぎて、流し水で冷ましたことだ。栄養分が皆流れてしまったような気がする。
ゆっくり冷ましても、小麦粉ではないから、延びる心配はない。色や、味や、栄養分を逃がさないためには、ゆっくりと冷やす方が良い。そして、身をほぐせば良かった。このカボチャの身を解すと、大根の妻のようになる。食感もよく似ている。それを、めんつゆで食べるのだが、特別、美味しいとは思わなかった。まあ、「これがカボチャ!」みたいな、驚きはあったが。

さて今回は、お菓子にも使うらしい「バターナッツ」というカボチャのポタージュスープだ。珍しい食材は、手賀沼にある「道の駅」で入手ができる。
そう言えば、今年は「花オクラ」という、オクラの花も食べた。大型の黄色い花で、ぬめぬめとした食感で、生で酢醤油で食べると美味しい。

バターナッツ
バターナッツ1.JPGバターナッツの原型を撮り忘れたのでhugel.naganoblog.jpから、原型の写真だけを借りました。

ちょうどヒョウタンのような恰好をしているが、ヒョウタンほど括れはきつくない。

皮はピーラーで面白いほど簡単に剥けてしまう。

そのまま、食べても程よい甘さで、フルーツ感覚で食べられる。本当に生でも美味しい。

アメリカではよく食べられているらしい。日本では最近見かけるようになった。
値段も、それ程高くはない。むしろ、栗カボチャの方が、遙かに高い。

まあ、食材としては、逸品だろう。扱いやすく、美味しく、安い。
それに、刳り抜く種の部分が少ない。球体の部分に種があるが、長い部分は実だけだ。

IMGP0190_20090923190454.jpg
これで、一個半分のバターナッツ。この薄く刻んだイチョウ切りが、生のままでとても美味しい。大分つまみ食いをしてしまった。

IMGP0193_20090923191853.jpg
タマネギを透明感が出るまで、少量のオリーブオイルで炒める。

IMGP0194_20090923191846.jpg
エノキをバターで炒める。

IMGP0196_20090923191840.jpg
ホワイトセロリとローストオニオンを使う。ローストオニオンは無添加の優れもので、カレーやシチューにもよく使う。

IMGP0199_20090923191833.jpg
フォンドボーとローストオニオンでコクを出す。ひたひたぐらいまで水を入れて、バターナッツが柔らかくなるまで煮込む10分~15分ぐらい。

IMGP0200_20090923191826.jpg
無添加コンソメで味を演出する。

IMGP0201_20090923191819.jpg
煮上がったバターナッツをミキサーに掛けて、ペースト状にする。

IMGP0202_20090923192412.jpg
はじめにイチョウ切りのバターナッツを入れていたザルをこし器として使い、裏ごしした状態のペーストを作る。

IMGP0205_20090923192405.jpg
ホワイトセロリを大きくざく切りする。

IMGP0206_20090923192358.jpg
ポタージュを火に掛けて、焦げ付かないようにかき混ぜながら、ホワイトセロリと透明まで炒めたタマネギとバター炒めをしたエノキダケを入れる。隠し味に、少量の醤油も加える。塩で味を調える。どうしても、バターナッツが甘いので、塩で好みの味にする。

IMGP0212_20090923192352.jpg
またまた、トリュフのオリーブオイルを長男に買ってきて貰いました。これは、本当に凄いです。

IMGP0217_20090923192345.jpg
今回は、注ぎ口も買ってきて貰いました。少量ずつ料理に落とせます。

IMGP0208_20090923203814.jpg
冷蔵庫ですっかり冷えた冷製ポタージュにトリュフが香り立つオリーブオイルを数滴垂らしたら、出来上がりです。

IMGP0223_20090923192338.jpg
メインには鶏肉の胸肉とホワイトアスパラとエリンギのアボガド和えペペロンチーノを作りました。
イタリア風、南フランス風、そんな感じの夕食でした。

美味しかったです。
ごちそうさまです。

【2009/09/23 18:01】 | 散歩と料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/150-b2cf71c1