散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



大根、太~い (○_○)
女房と散歩に出かけました。
「何処まで行くの」
「いつもの、富士川」
この時点で、女房は富士川まで行って、戻ってくると思っていたようです。
ところが、私は、女房に「ツクシ」を見せたいと思っていました。
さらに、昨年、河津桜がきれいに咲いていた通りにも行こうと思っていました。
いつまでも歩き、桜の通りを捜して道に迷う散歩に女房が切れかけています。
「何処まで行くの」
「こんなに歩くとは思わなかった」
ついには、
「だまされた」
「私の人生、あなたに、だまされっぱなし」

歩き始めに、畑に大根が大きく育っていました。
IMGP0003_2.jpg
でかい。確かにでかい。

富士川には、鴨が群れを成して遊んでいました。
IMGP0008_2.jpg
こんなに群れている光景は、珍しい眺めです。

ツクシが土手に出ていました。長い土手でも、限られた場所にしか見られません。
IMGP0014_2.jpg
群生する場所をツクシが選ぶ理由はわかりません。

早咲きの桜です。河津桜の類だと考えられます。
IMGP0027_1.jpg
濃いピンクできれいです。

並木道になっています。
IMGP0023_1.jpg
あんず通りという道沿いに植えられています。

珍光景がありました。二階にドアがあります。ドアベルまでついています。
IMGP0029_1_20090324022343.jpg
階段を設置した形跡はありません。このドアは何処に繋がっているのでしょう。
誰が、あのドアベルを鳴らすのでしょう。

道に迷ったり、初めての道を歩いたり、と散々女房を引き回しましたが。彼女は文句を言いながらも、結局は散歩に付き合ってくれました。

ありがたいことです。



【2009/03/24 02:38】 | 散歩 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/133-07cc4e87