散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



叔母の喜寿のお祝い (^○^)
写真は新しい携帯電話で撮りました。
慣れていないため、ピンぼけ写真ばかりです。

CA3C0035.jpg

CA3C0048_20090307092533.jpg

2月29日。
閏年生まれの叔母が、満で77才になった。
今年は、閏年ではないから、2月29日は無いわけで、本当は誕生日は来ない。
でも、喜寿とか米寿とか白寿などは数えで年齢を数えるそうだから、本来は昨年が叔母の喜寿だったわけだ。まあ、お年寄りでも目くじらを立てて、数えの年齢を主張する人も少ないわけで、ほとんどの人は還暦も満年齢で行っている。
叔母の場合、正確には、4年に一度しか誕生日は来ないから、77才であっても、じつは二十歳前で、成人式の前である。
そう言うわけで、叔母は実に若々しい。

叔母は女房と血縁で、女房によく似ている。
まるで、親子のようにそっくりである。

CA3C0030.jpg

叔母の連れ合い、叔父は肺がんで亡くなった。
今年が17回忌にあたる。
叔母は60才で未亡人となったわけだが、わたしも来年はその年齢に達する。
まあ、生きていればの話だが。

その叔父の弟さんの奥さんがわたしと同じ年だが、とても同じ年には見えない。
若々しくて、美しい。深窓のご令嬢というイメージだ。
奥さんの家は、柏駅の真ん前で「ライン」というレストランをやっている。
叔母の旦那の弟さんも大手アパレルを定年越え退職して、今では、「ライン」のシェフに収まっている。
叔母の喜寿のお祝いは、その「ライン」が会場となった。
「ライン」の家族と女房の家族だけでお祝いをした。
料理は本格的で、びっくりするほど美味しかった。
ケーキも手作りで美味しい。

CA3C0028.jpg

わたしも、手作りで、赤飯とクリームレアチーズケーキと大納言と抹茶の寒天を届けた。
じつは、喜寿は紫色のもので祝うとネットにあったので、紫芋のおこわを作ろうかと半日界隈を車に乗って探し回ったが、残念ながら紫芋は見つからなかった。

紫芋のおこわは大納言のお赤飯になった。
その代わり、クリームレアチーズケーキに冷凍のブルーベリーを入れて、淡い紫色にした。
大納言の寒天はよく煮詰めて、羊羹に近い感じに仕上げ、抹茶の寒天を上に載せ、二重構造にした。抹茶の寒天には砂糖を入れず、大納言の寒天も甘さを抑えたため、黒蜜を作って添えた。

CA3C0052.jpg


そんなわけで、叔母の喜寿の祝いは大勢に囲まれて賑やかに行われた。

CA3C0036.jpg

CA3C0029.jpg CA3C0030_20090307093127.jpg CA3C0031.jpg

CA3C0032.jpg CA3C0033.jpg CA3C0034.jpg

CA3C0037.jpg CA3C0038.jpg CA3C0043.jpg

CA3C0040.jpg CA3C0041.jpg CA3C0042.jpg

CA3C0044.jpg CA3C0045.jpg CA3C0046.jpg

CA3C0047.jpg CA3C0049.jpg CA3C0050.jpg

CA3C0051.jpg CA3C0053.jpg CA3C0054.jpg

CA3C0056.jpg CA3C0057.jpg CA3C0058.jpg

CA3C0059.jpg CA3C0060.jpg CA3C0061.jpg

CA3C0062.jpg CA3C0063.jpg CA3C0066_20090307094504.jpg

CA3C0064.jpgCA3C0065_20090307094441.jpg手作り料理、手作りケーキ、手作りスイーツ、それからたくさんのプレゼント。
叔母の人間性が人を惹き付けるのかも知れない。明るい性格でさばさばとしている。
みんなが、叔母のことを大好きだ。
そのように、年齢を重ねることは非常に難しいことだが、叔母は、そうして生きてきた。
大したものである。
実に、清々しい年寄りである。



ラインの料理は最高でした。
ごちそうさま。
ますます、体重が増えています。


【2009/03/07 09:04】 | 散歩と料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/130-fa14cc7b