散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



あじさい寺
小金宿は水戸街道沿いで多いに栄えた宿場町の一つだった。
その昔は後北条に黄金殿と呼ばれた高城氏の小金城下の町でもあった。
高城氏は後北条に仕えたため、豊臣秀吉と戦って破れ滅びた。
江戸時代は小金牧と呼ばれ、徳川家の馬の放牧場でもあった。
小金にはお寺が多い。
北小金駅の南側には、虚無僧寺として有名な一月寺、名刹として名高い東漸寺がある。
駅の北側にはあじさい寺として有名な本土寺がある。 
今の季節は、あじさいを見物に来る観光客が平日でも跡を絶たない。

北小金駅南口東漸寺方面

↑北小金駅の案内は東漸寺南口と本土寺北口に分かれる。
どちらも、東漸寺まで、本土寺までの案内は無い。駅を出てしまうとどっちに行ってよいかが判らなくなる。

北小金駅北口本土寺方面

↑あじさいを見に行くなら、本土寺北口を出なければならない。
出ても、どっちに行けばいいのかよく解らないが、今の時期なら高齢者観光客がうじゃうじゃと歩いているので、付いていけばいい。

本土寺参道黒門家遠景

↑本土寺参道を10分ほど歩くと黒門家の先に山門が見えてくる。
この時期は平日でも人通りは多い。

本土寺境内あじさい順路

↑山門を抜けて石段を下りると、参拝料を徴収する入口が立ち塞がる。500円である。
そこから、境内を少し覗くことができる。
あじさいを見物する順路がこちらだ。平日なのにかなりの人数の見物客だ。

本土寺境内本堂方面

↑本堂方面にもかなりの人がいた。
ちなみに、本土寺は日蓮宗である。

あじさいと本土寺山門

↑山門の周りもあじさいが咲き溢(こぼ)れている。
あじさい越しの山門は本土寺ならでの景色である。

赤門家

↑山門の目の前にある漬け物屋が「赤門家」だ。

黒門家

↑駅に近い方が「黒門家」だ。

あじさいを売る花屋

↑あじさいを売る花屋。あじさいだけが店先に並ぶ。

そばや草木庵

↑そば屋、草木庵も大繁盛だった。ここの手打ちそばはおいしい。

にわか看板

↑PCで俄に作ったポスター。自家製蜂蜜とブルーベリーと書いてある。

看板の蜂蜜屋

↑農家の軒先だった。この辺の露店にしてはおしゃれな食材を扱っていた。
蜂蜜は中くらいの瓶で1000円だった。ちょっと高い。スーパーの蜂蜜で中国産は安めだが、国産はかなり高い。それと比べれば若干こちらの方が安いのか。

改装したての四季亭

↑和食料理の四季亭は、ついこの間まで廃屋のようになっていたが、改装がシーズンに間に合ったようだ。

駐車場と野菜の露店

↑この辺の農家は駐車場も露店もやっている。

休憩とおしゃべり

↑あじさい寺まで年寄りの足で15分から30分はかかるだろう。
疲れたら、道端で休憩だ。たくさんで来ればおしゃべりに花が咲く。

船橋屋

↑シーズン以外では、たまの日曜日に開いているが、平日でもこの賑わいだ。
くず餅として売っているがくず粉は入っていない。馬鈴薯デンプンを発酵させて作るらしい。それでも、美味しい。

あじさいセール

↑あじさいセールと手書きのディスプレイがローカル色を醸し出している。
安いからなのか、商品が良いからなのかこの人だかりだ。

あじさい寺(本土寺)は、このシーズンと紅葉のシーズンに賑わいを見せる。
このシーズンだけは参道周辺の町並みが活気づく。



【2008/06/26 00:28】 | 散歩 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント
あじさい寺
きんさんの周りは観光地なんですね。
でも あじさい寺と言うと鎌倉の長谷寺を思い浮かべてしまうのですがここもあじさい寺(本土寺)と言うのですね。どちらが先なのでしょう?
【2008/06/28 14:44】 URL | ぐっちー #JAx.geIE [ 編集]

あじさい寺は全国に点在しているようです。
どこが元祖で、どこが本家で、どこが家元なのかは判りませんが、本土寺は、建立は1200年代で古いとしても、あじさい寺としてはあたらしいです。貧乏寺でぼろぼろだったものをあじさいをせせっと育てて、見物料を取るようになってから、寺は羽振りが良くなったと伝えられています。
【2008/06/28 15:23】 URL | きんさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/13-605f4892