散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



珍しい食材。(O_O)!!
今年に入って、珍しいものを味わった。

IMGP1702_20090217182237.jpg

左側→辛味大根。
これは、まあ普通に手に入れられる。

右側→わさび大根。
食べると、わさびの味と辛さを味わえる。
初めて食べた。
わさびほどではないが、辛味大根とも違う。
なるほど、確かに、わさびに近いかも知れない。


IMGP1705_20090217182447.jpg

IMGP1704_20090217182541.jpg

トリュフオリーブオイル。
白トリュフ入り(10%)のオリーブオイル。
先の記事で長男にごちそうになった「テール・ド・トリュフ東京」でテイクアウトしたものだ。
逸品で、その後の料理はトリュフの香りに満たされることが多くなった。
朝食のトーストをこのオリーブオイルに浸けて食べる。
幸せの一瞬だ。


IMGP1633.jpg

IMGP1635_20090217182905.jpg

極めつけは、40年物の「ハチミツ」。
1968年販売開始だ。
しかも「局方品」なのだ。

女房の叔母のところに置いてあった。
長男がインフルエンザになったので、喉の痛みを癒やしなさいとくれたらしい。

覚悟して、蓋を開け、スプーンですくい、舌先に載せてみた。
甘さの前に、痛みに似た刺激が舌を刺した。
次に、すえた匂いが鼻の奥に広がった。
おっかなびっくりの気持ちが、味わいを変えたのかも知れない。
砂糖が結晶しているので、電子レンジに少しだけかけた。
砂糖の結晶が溶けた。
普通のハチミツになった。
花の香りは解らない。
まあ、美味しい。

ハチミツを絹豆腐の冷や奴にかけて食べると、すてきなスイーツになる。
試してみてください。


【2009/02/17 18:06】 | 料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/127-c9092d39