散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



バレンタインデーにチョコムース(^_^)
IMGP1744_20090217010751.jpg

チョコムース
チョコレートのつぶつぶ感が残り、マシュマロのような弾力があり美味しい。

①卵白2個分→泡立て器(手動)でひたすら撹拌→メレンゲ
②生クリーム200ml→泡立て器(手動)でひたすら撹拌→生クリーム
③メレンゲと生クリームを混ぜて、グラニュー糖を40g入れて泡立てる
④粉ゼラチン→小鉢の中で水に溶く→電子レンジ30秒→泡立つ前に止める
⑤③に④を入れて素速く泡立てる
⑥アルファベットチョコレートを30ヶ小鉢に入れて電子レンジで溶かす
⑦⑤に⑥を混ぜ込み、ラム酒を少々入れ、ひたすら攪拌する
⑧器に流し込み、粗熱を取って、冷蔵庫で冷却→チョコムースの出来上がり


IMGP1738_20090217010826.jpg

レアクリームチーズケーキゆずヨーグルト味
ムースの食感があるゆずヨーグルト味のクリームチーズケーキ。
ゆずは娘の友達から大量に頂いたので、皮はマーマレードに仕上げ、中身は種を取りミキサーにかけてゆずピューレにして冷凍しておいた。そのゆずを大さじ三杯入れた。

①生クリーム200ml→泡立て器(手動)でひたすら撹拌→生クリーム
②クリームチーズ200g(常温にしておく)→泡立て器(手動)でひたすら撹拌
③①と②を混ぜ込み、泡立て器(手動)でひたすら撹拌
④プレーンヨーグルト500gとゆずピューレ大さじ三杯、砂糖40gを③に混ぜ込む
⑤水に溶いた粉ゼラチンを電子レンジ30秒かける
⑥④に⑤を入れブランデーを少々入れてひたすら攪拌する
⑦冷蔵庫に入れて冷やしたら出来上がり


IMGP1752 (1)

小豆寒天ゼリーのカスタードクリーム添え
甘さを抑えた寒天ゼリーと甘いカスタードクリームは絶妙なスイーツとなった。

カスタードクリーム
①薄力粉大さじ一杯、片栗粉大さじ一杯、砂糖45gを卵黄2ヶ分に混ぜ込む。
②牛乳を沸騰前まで温め粗熱を取り、四回に分けて①に混ぜ込む
③②を弱火にかけ、焦げ付かないように木べらでひたすらかき混ぜる。
④固まってきたら火を止め、バニラエッセンスとバター大さじ一杯を加えて錬る

小豆寒天ゼリー
①小豆を煮る。(一度煮こぼして、次に沸騰したら弱火で柔らかくなるまで煮込む)
②水に溶いた寒天を沸騰させる
③①が熱いうちに②を混ぜ込む
④小鉢で水に溶いた粉ゼリーを電子レンジで30秒チンする
⑤③が少し冷めたら(60℃~80℃)④を混ぜ込み、ブランデーで香りを付ける
⑥器に流し込み、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす


わたしと長男と次男は、女房と娘からチョコレートを貰った。
そのチョコレートたちと、手作りチョコレートムース、レアクリームチーズケーキ、小豆の寒天ゼリーカスタードクリーム添えがテーブルを甘く甘くしたバレンタインデーだった。



【2009/02/17 01:35】 | 料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/126-84022f27