散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



The first anniversary of coming to my life again. 2
I had been celebrated my first anniversary !!

長男が、なんと、トリュフの夢を叶えてくれました。

IMGP1674_20090204030629.jpg

IMGP1676_20090204030719.jpg 1月28日(水)は広尾の日赤への通院日です。
日赤への通院は、たいてい女房と二人で行きます。昼食と診察後の夕食を二人の楽しみにしています。
この日は長男が加わりました。長男のおごりで昼食か夕食を食べることになっていたのです。長男は2月4日に修士論文の発表会が予定されている大学院生ですが、臨時収入を得たと云うことで、奢ってくれるというのです。なんて、親思いの良い子なのでしょう。
しかも、しかも、なんと、トリュフ料理なのです。


昨年11月28日に六本木ヒルズにオープンしたばかりのテール・ド・トリュフ東京(ぐるなび)ネットで事前に調べて、検索しました。
実は、前々から「トリュフ」なるものを食したいと常々言っていたのですが、ネットで検索してもなかなか見つけられなかったのです。
それが、今回は出店したばかりの「テール・ド・トリュフ東京」(VERITA)を見つけることができました。

「テール・ド・トリュフ東京」30min.(サンゼロミニッツ)は、タウン情報サイトです。
「テール・ド・トリュフ東京」WONDERTABLE
「テール・ド・トリュフ東京」六本木ヒルズサイト

IMGP1677.jpg   IMGP1678_20090204030756.jpg   IMGP1679_20090204030807.jpg

12:30に日赤に着き、心電図検査と血液検査を済ませれば13:00。14:30からの医師の診察までの時間でランチタイムを食べに行きます。タクシーに乗り込み六本木ヒルズまで10分。手前で降りたため、店を探しながらけやき坂を下り、10分ほど。
「テール・ド・トリュフ東京」に着いて、帰りの時間も含めて1時間ほどのランチタイム。
注文時に、ちょっと迷って、結局高い方8500円の贅沢な昼食。
メインディッシュは3種類から選べ、親子三人で三種類を別々に注文。

IMGP1694_20090204031336.jpgヌイユ”卵入り平打ちパスタ カルボナーラソース スライスした黒トリュフ

IMGP1692_20090204031250.jpgローストした北海黄金ポテト トリュフクリームソース スライスした黒トリュフ

IMGP1693_20090204031315.jpg薄切りにした伊達鶏のソテー フレッシュサラダ スライスした黒トリュフ

このメインディッシュをお皿を取っ替え引っ替えして、三人で全ての味を堪能しました。
結局、15時まで食事は掛かり、おしかり覚悟で病院にタクシーで駆けつけました。
タクシーの乗務員は未だ新人で、地図を片手に日赤回り道をしながらメーターを加算させていました。20分ほど遅れましたが、医師も遅れたようで、焦った割には事無きを得ました。

IMGP1686.jpg料理は、最初の一品から感激の連続です。
「これが、トリュフの香りか」
全ての料理に鼻を被せていきます。そして、鼻から香りを吸いこみます。食欲をそそる香りが立ち上がってきます。
ホワイトアスパラガス オーランデーズソース(卵黄・バター)ハーブ スライスした黒トリュフ

高級食材のイメージでしたが、行ったことはありませんし、そんな場所があるのかどうかも解りませんが、フランスやイタリアの料理屋が軒を並べたダウンタウンを想像させます。食欲をそそる香りが路地に漂っています。
中華や韓国をイメージしたら、食堂街の狭い路地裏にニンニクや唐辛子の香りが湯気と共に充満している景色です。
大衆的で、決して高級感のある香りではありません。
それが、初トリュフの印象でした。
ただし、値段は高い。値段が高い大衆料理臭。とにかく、食欲をそそる香りです。
ニンニクに近いものがあります。
ちなみに、お店の方にニンニクとトリュフは一緒に使うのか聞いてみたところ、一緒には使わないとの回答でした。
なるほど、なるほど。
その類の香りなのです。
途中で、これが黒トリュフですと言って、こぶし大の塊を披露してくれました。
「どうぞ、今、香り立っていますから嗅いでみてください」
女房と長男はうっとりとかぎ取った表情をしていましたが、わたしのは料理ほどに感じなかったので、何回も嗅ぎ直しましたが、結局、そのトリュフの塊からトリュフの香りを見つけることはできませんでした。

IMGP1689_20090204031118.jpg白トリュフのオリーブオイルにフランスパンを浸けて食べましたが、これが一番凄く香り立っていました。


LUNCH TIME 11:00~15:00(LO14:00)

IMGP1687_20090204031056.jpgテール・ド・トリュフのランチコース ¥8,500

IMGP1684_20090204030934.jpgIMGP1681_20090204030916.jpgワインシャンパン


MENU

IMGP1690_20090204031201.jpgブッファラソース(ポルト、フォアグラ、生クリーム)スープ仕立て ポーチドエッグ スライスした黒トリュフ

IMGP1691_20090204031225.jpg“ビニス”ポテトのパンケーキ きざみトリュフとパンチェッタ スライスした黒トリュフ


三種類のメインディッシュ
- “ヌイユ”卵入り平打ちパスタ カルボナーラソース スライスした黒トリュフ
 または、ローストした北海黄金ポテト トリュフクリームソース スライスした黒トリュフ
 または、薄切りにした伊達鶏のソテー フレッシュサラダ スライスした黒トリュフ

IMGP1695_20090204031356.jpg“ブリードモー”チーズ ルッコラのサラダ バケットトースト スライスした黒トリュフ

IMGP1696_20090204031415.jpg濃厚ヴァニラアイスクリーム トリュフ入りキャラメルソース

IMGP1697_20090204031436.jpgIMGP1698_20090204031454.jpg コーヒー または 紅茶


これに、女房はグラスワインの赤を2杯。長男はグラスシャンパン。わたしはevianをワンボトル。まあ、ミネラル・ウォーターというやつですね。

お土産に白トリュフ10%エキスのオリーブオイル500ml(9千2百円)を買って貰いました。

ネットで調べると、白トリュフエキス2%、100mlで3,000円台が多く見られます。それで、香が強いと紹介されていますから、ここのTAKE OUT MENUは濃厚で安いと言うことですね。

その日の夜からずうっと、家中にトリュフの香りが充満していることは言うに及ばぬことですね。
逸品です。凄いです。


TAKE OUT MENU

・トリュフ入りピーチジャム(260g)¥5,200
・トリュフ入りアプリコットジャム(260g)¥5,200
・トリュフ入りはちみつ ¥8,500
・黒トリュフ入りのオリーブオイル (50ml)¥2,400、(250ml)¥6,200、(500ml)¥9,200
白トリュフ入りのオリーブオイル(50ml)¥2,400、(250ml)¥5,800、(500ml)¥9,200
・黒トリュフのピューレ(80g)¥18,000
・サマートリュフのピューレ(80g)¥6,200

思い続けて、58年。トリュフの夢が叶いました。

長男君、ありがとう。
女房よ、いつもいつもありがとう。

美味しかった。


【2009/02/04 00:48】 | 散歩と料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント
白トリュフのオリーブオイルにフランスパンが,一番純粋に香りを楽しめそうです。
写真もそれぞれのトリュフ料理の特性がよく表現されていて,3種類のコーズをワインつきで,見るだけでたっぷり味わった気分です。

きんさんはしあわせものです。遠くで誰かがうらやましくて何かを言ったって,きんさんの家族の幸せの基盤は堅固です。

結婚式などでは,時々トリュフ料理を味わう機会がありますが,大抵はカメラ片手にドタバタしていて,じっくり味わう機会はありません。

うーん,その白トリュフのオリーブオイルだけでも,手に入れると,十回以上は,自分の料理で使って楽しめそうですね。
【2009/02/04 21:03】 URL | 陰丸 #- [ 編集]

陰丸さん、いつも応援をありがとうございます。
「テール・ド・トリュフ東京」のTake out menuは、料理を食べなくても購入できます。
六本木ヒルズに行った際には、購入することをお勧めいたします。数滴のドリップで料理が変わりますから、数ヶ月は楽しめるかと思います。

【2009/02/05 00:44】 URL | きんさん #n7FpMm6w [ 編集]

きんさん,トリフとオリーブオイルでネット検索すると,お手軽に入手できるのがありました。
かなり色々な種類が用意されています。しかも,安い!

http://www.rakuten.co.jp/promoworld/469671/471004/
【2009/02/05 10:04】 URL | 陰丸 #- [ 編集]

あらら,オリーブオイルは売り切れ(>O<)。
【2009/02/05 10:05】 URL | 陰丸 #- [ 編集]

陰丸さん。

残念でしたね。

オリーブオイル白トリュフ味を500ml購入すると、暫くは、全ての料理がトリュフ臭になります。

【2009/02/05 14:14】 URL | きんさん #n7FpMm6w [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/124-1d3dec61