散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ガイアの夜明けの反響に応えた次男の回答。(・_・)(._.)
ガイアの夜明けにHALが紹介され、その番組を見た私の高校時代の同級生から意見と感想がありました。
次男に話すと、次男が丁寧に答えてくれました。


この度は貴重なご意見を頂きありがとうございます.
一般的に感じる疑問や,そこから少し突っ込んだ的確な部分等があり大変参考になりま
す.
以下,引用を用いて私の思うところを説明させて頂きたいと思います.

-------
山海先生も言っているようにアニメのガンダムなどのモビルスーツが起源

若干スタートが違います.サイボーグ技術の応用として人体機能の拡張・強化・補助を
行うという物になっています.
人が出そうとしている力を機械も一緒に出してくれて,一体になって動く物です.
人が操作操縦して動かすモビルスーツや作業スーツ等は車と同様になりますがそれと
は若干アプローチが異なります.
外から見ても同じに見えますが中身は違うということです.

-------
充電式電池が今の電池の10倍から100倍くらい高性能にならなければ難しい

戦闘や屋外活動を目的とするならばそれなりの電池を必要とするでしょう.
室内で用いる福祉用機器なので一定の可動時間でこまめに充電すれば良いとご納得頂
いてると考えてよろしいでしょうか.
稼働時間は標準動作で約1時間程度,充電所用時間は1時間程度となっています.
HALは戦闘に用いることを考えていませんが,屋外活動の為には活動時間に応じた容量
の大きい電池を使用する必要が有ると思いますので,装備を換えて対応するという形に
なると思います.
(モビルスーツはたしかエネルギー確保の為に核融合炉が積まれていましたね.)

-------
あと、関節が腰とその下、計二カ所しかなく、
足首にはモーターがなく重心を関知するだけと言うのは頂けない。
企業の宣伝じゃないのだから現在の欠陥も取り上げないと

人の出来る全ての動作をHALで行おうとすると装置がとても複雑になり,実現が出来な
くなってしまいます.
動作をする際に力を出す必要がある部分を補助し,それ以外の関節動作に関しては動か
ない様に押さえてあげます.
そもそも立ち上がれないところに力を補助するためのモーターがついている.
勝手に曲がってしまう関節に添え木のような支えがついて体重を支えてくれる.
これは全ての動作を行ってる訳では有りませんが装着者の助けになると思いませんで
しょうか.

-------
12ちゃんねるではこれが限界か?

限られた時間で伝えるには紹介程度になってしまうのは仕方が無いと思います.
ベンチャーの例として紹介された中で出てきた技術に興味を持って,その後技術に焦点
を絞って詳しく調べるのは視聴者側ですべきことだと思います.
ただ,その紹介程度の少ない情報量でも,発電やカメレオンコードもこんな使い方も有
るんじゃないかと思う人がいるかも知れません.
「長距離認識や複数認識などが出来るなら,こういうことが出来るのかも,」と想像力
をかき立てておけば「こういうのが欲しいな」と思った時に「そういえばあんなのも
有ったな」と意外な場面で活躍させられる時が来るかも知れません.
無下に切り捨ててしまうのはもったいないと思います.

-------
ハルの上半身部分も下からすくい上げる様にか関節が曲がらないので
あれを着たまま介護はとてもやりにくいと思う。

上半身部分の関節は,動力がついている向きと自由に動かせるだけの向きがある構造に
なっています.
それは何年も前から介護をやりやすい様にという,まさに同様の考えで設計をしている
為です.
介護者が装着するタイプのHAL上半身部分では,ロボットの関節が装着者の動作をなる
べく妨げない様に設計をしていますので,いちいち脱がなければ動作できないなどとい
うことはありません

-------
モビルスーツに向いているのは戦闘や災害場面だと思うので
介護を目指す大和ハウスとの提携より自衛隊との共同研究の方が向いている。

HALは戦闘で用いることを想定していませんので,過去に米国防総省からの依頼もあり
ましたが断わったという経緯もあります.
ただ災害救助現場では役に立てると思います.
私見では有りますが,そのような目的の場合は自衛隊との協力という流れも有りなのか
も知れません.

-------
会社の容器である建物が立派すぎる

建物は工場になっています.初期投資とお考え下さい.
年間400体を目指してますので現時点ではまだ立派に見えてしまうかも知れません.

-------
かっこを重視するタイプか?

カッコいいと感じて頂けたなら幸いです.

-------
介護は抱きかかえる為だけにレンタル料20万は払えないだろう。

抱きかかえることが介護者の健康を害することが多々有ります.
また,高齢社会が続いて行くと介護する側も高齢者という場合も出てきてしまいます.
そのような場面ではやはりHALを必要と考える人も居るのではないでしょうか.

-------
現在のハルでは実用的ではなくても宣伝用に使えると思う。
どういう動作からが実用的かと考えるかによると思うのですが,現在のHAL福祉用でも
可能な動作がありますので,使う方の考えによって実用的かどうかが決まると思いま
す.
一般的には費用対効果の面でまだ厳しい部分も有るかも知れませんが,早い時期か
らHALの様な装置を導入し,どう使うと効果的か等を検討して行くのは意味の有ること
だと思います.


ご指摘の通りHALはまだまだ改良する点が多いです.
しかし,このHALで実現できることがあり、またそれを必要とする人達がいます.
できない可能性を論じるより,できる可能性について考えるのが我々の研究スタンスで
す.
今後は実際の現場で利用されることによるフィードバックで,より研究開発が促進する
ことが期待されます.
千里の道も一歩から,ローマは一日にしてならず.
産声を上げたばかりのHALですが長い目で見守って頂ければ幸いです.


以上です。
みなさん、機会があったら、是非ともサイバーダインスタジオに遊びに行ってください。

CYBERDYNE-STUDIO
http://www.cyberdyne-studio.com/

【2009/01/22 00:17】 | 散歩と料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/122-e1c28a85