散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



石神井友達の輪21の新年会 (*^_^*)
IMGP1614_20090116112807.jpg

1月15日、石神井友達の輪21の新年会が、「新宿中村屋」4Fの「ラコンテ」で行われました。
思い起こせば、昨年の1月26日にもこの会の新年会が催されました。
始まってから、2時間ほど経ったところで、私はいつもと違う身体の変調を感じていました。
明らかに悪酔いとは違う、落ち着かない、嫌な気分が蟠り始めていました。
その段階で、Y氏に「救急車を呼んでくれ」と頼みました。
救急隊が着くまでの間に、胸に苦しさが湧き上がり、横になっていないと耐えられない気分になってきました。
Tさんが背中側から私の身体を抱えてくれています。
彼女は「手技」という不思議な力で、人の痛みや愁訴を癒やすことができます。
私の背中や胸に翳されて触れていないのに、彼女のエネルギーを感じました。
Fさんが、救急隊にてきぱきと経緯を話し、心筋梗塞が疑えると伝えています。
彼女はベテランの看護師でした。
救急隊がどのくらいで着いたのか分かりませんが、車椅子に乗せられた時には身体がぐったりとし、起き上がることは困難でした。
胸の締め付けと気持ち悪さは最高潮に達していました。
胸の上部に痛みも発生し始めた。
新宿通りに運び出されたときは、車椅子でぐったりしている私を見て、弥次馬たちが「死んでいるの」とか囁いているのが聞こえます。
顔を上げて、その声に、にこやかに応える気力は全く湧きません。
救急車に乗せられてから激しい痛みが胸の上部に発生した。
同乗したY氏が手を握り続けてくれていました。
この痛みは、誰も、耐えられない。
経験したことがない、痛みでした。
痛みは激しさを増し、病院に運び込まれて、モルヒネを打たれても尚続きました。
モルヒネが効き始めて、初めて、痛みから解放されました。

今回の新年会で、当時のお礼を再度述べました。
何度、「助かった、ありがとう」と言っても言い足りない気持ちです。

「あの場だから、この店で倒れたから、みんながいたから、助かったのよ」
Fさんがそう言います。
「帰り道に倒れていたとか、電車の中で苦しんでいたとかだったら、酔っぱらいのおっさんに誰も近づかない。ここだから、助かったのよ」
確かに、そうだ。

IMGP1606_20090116114209.jpg IMGP1607a.jpg IMGP1608a.jpg
IMGP1609_20090116114312.jpg IMGP1612_20090116114421.jpg IMGP1610a.jpg
IMGP1611a.jpgIMGP1613a.jpgこのメンバーが最近は核となっています。
皆さん、お忙しそうで、連絡もなかなか取れません。
年に2~3回ほどの機会で集まりますから、そのうちの1回ぐらいは参加して欲しいと思っています。


「ラコンテ」でアラカルトの料理を注文しました。
どれもこれもあまりの美味しさに、主に私が、食い散らかしました。
特に葱のピザは絶品でした。
汚い映像で、ごめんなさい。
IMGP1599_20090116114512.jpg IMGP1600_20090116114532.jpg IMGP1601.jpg
IMGP1602.jpg IMGP1603.jpg IMGP1605_20090116114701.jpg

会の途中で、別Y氏がトイレから戻り真っ青な顔で「気分が悪い」と告げました。
すわ、心筋梗塞かと、どよめきが起こり、
皆さん心配顔になりましたが、ただの悪酔いだった。
中小の社長の彼は、昨今の不況の嵐で疲れていたのかも知れません。

私は、無事に帰宅しました。
なんか、心臓は大丈夫のようです。
むしろ、今回もそうですが、
食欲を抑えることを真剣に考えないと、
貰った生命を、無駄に無くしそうです。
それに、持っているパンツ(ズボン)が全部、入らなくなっています。
何とかしないと。

さて、助けていただいたこの生命、
いまは、まだ無駄に使っているようなので、
何かを、成し遂げなくてはならない。

みんなの期待は、やはり、小説の次回作だった。
そろそろ、頑張りましょう、かね。


【2009/01/16 11:26】 | 石神井高校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント
そうか,きんさんは1年前の新年会で,九死に一生を得たのでしたね。
今回の新年会は,新生きんさんの誕生月祝いも兼ねているようでもあります。

Yさんは悪酔いで済んでよかった。普段Yさんはそんなにお酒は飲まないのですが,厳しい不況の中で,がんばり続けていて,この日だけちょっと,暖かい仲間の中で安心したのかもしれませんね。

きんさんの,1年前の発作の記憶の報告は,文字に力があり,こちらに強く伝わってきます。本当に,間一髪の状況で,復活ができたのですね。

それと,新年会のみんなと同じで,きんさんの新作を待っています。
【2009/01/16 17:41】 URL | 陰丸 #- [ 編集]

陰丸さん。

いつもありがとうございます。
新年会当日、陰丸さんの話題に女性陣が色めき立っていました。
どんな仕事をしているのかとか、毎日、PCに向かっているのかとか、皆さん、興味津々のようでした。
次回は、参加されて、ご自分でお答えください。
さもないと、とんでもない人物にイメージされる恐れがありますよ。

新作については、いよいよ、充電が満杯になりかけていると言ったところですかね。
そろそろです。
頑張ります。
【2009/01/17 11:46】 URL | きんさん #n7FpMm6w [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/119-be771e6a