散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Cyberdyne-Studioと美味しいお餅
大晦日は良い天気だった。
IMGP1568.jpg

年末に叔母が退院して自宅に戻った。
次男が年末年始、研究学園駅のイーアス内にあるCYBERDYNE-STUDIOに出勤するという。
それで、大晦日に、CYBERDYNE社の14:00からのロボットスーツHALのデモンストレーションを見に行った。

IMGP1569_20090102082054.jpg

サイバーダインスタジオ
http://www.cyberdyne-studio.com/

100人ほどの観客の輪の中で、次男はデモの手伝いをしていた。
教授が直接にデモで説明をしてくれた。
こんなことは珍しく、ラッキーだと言うことらしい。

ロボットの未来が凝縮された空間にしばし遊び、
その後、筑波山に添った街道を抜けて叔母の家まで見舞いに行った。

叔母は腹水も取れて元気になっていた。
前日に私が作った大納言と甘酒の寒天ゼリーを見舞いに持っていった。
それは、たいそう喜ばれたが、そんなもののお礼ではなく、女房(叔母の姪)とその家族が見舞いに来るということで、大層なお土産を用意してくれていた。
お米30kg、伸し餅、大豆一袋、黒豆一袋、小豆一袋、干し納豆、白菜やネギ。
当分の生活の糧になる。
ありがたいことだ。

IMGP1578_20090102082119.jpg

IMGP1579_20090102082139.jpg

帰りに、筑波学園都市に寄って次男を拾って帰った。
サイバーダイン社は研究学園駅の真ん前に建っていた。
ちょうど背景の夜空に三日月と金星が輝いていた。

IMGP1565_20090102081951.jpg


正月に、まだ柔らかさの残る伸し餅を切り、雑煮を食べたが今まで食べたことのないほど美味しいお餅だった。

切った餅を30秒皿においてレンジにかけて片栗粉をまぶすと大福の皮のようになる、あんこを包めば、大福と変わらない。
あんこは包まなかったが、レンジでチンしてみた。
ほんのりと甘さが口中に広がる美味しさを餅自体が持っていた。


【2009/01/02 08:15】 | 散歩と料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://shitoshi999.blog95.fc2.com/tb.php/115-1088cea7