散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



記念の数字12345 ?m(_ _)m
ブログが12345カウントを達成しました。
ありがとうございます。

12345カウント記念


【2013/03/27 22:37】 | 散歩と料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

ほっとしました。(^_^)v
そうそう、私はまた一年、25年度の採用が本日(3/15)決ま りました。
良かった。
ほっとしています。
毎年、この時期は、期間雇用の臨時職員にはゆうつで悩ましい季節なのです。
2月初旬に意向書の提出があり、来年度の募集に応募するか否かを伝えます。
2月中旬に面接があり、その後、写真を貼った履歴書、職務経歴書を期限までに提出します。
公募ですから、所内からも、外の安定所からも、一般からも応募してきます。
私の職種(福祉分野関係)は人気が高く、かなりの応募があったようです。
実際には、データベースを見られるので、どんな人が何人応募して来たかは分かるのですが、敢えて見ていません。
仮に、所内の人であったりしたら、気まずいですしね。
我々臨時職員に再雇用はないのです。
その年度年度で新たに臨時職員を公募採用するので、24年度の私と25年度の私は、実は違う人間なのです。
採用されれば、結果として同じ人間だったと云うことで、継続就労となり、有給休暇の日数も勤続年数分が付与されます。
21年8月に採用されて3年7ヶ月経ちました。
何人の相談をし、何人に何件の紹介をしたか、また、そのうち何人が採用に結びついたかが成績として残ります。その結果と、情報漏洩などミスがあったか、勤務態度は良かったか、協調性はあるかなどが評価基準になっているようです。
意欲、勤勉さ、常に自分の職種に相応した知識を研鑽しているか、接客態度はどうだったかなども評価の対象になります。
何よりも、65才を過ぎては特例以外は採用されません。
インターネットで賃金などの就労条件、資格などの採用条件を見ることができます。全国同じです。

ということで、生きるために窮屈に縛られる身になったことを報告します。
臨時であっても国家公務員として襟を正した生活をしなければならないのです。


【2013/03/16 23:50】 | 仕事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

来週は大変です。(^_^;)
私の勤務先は、1年ごとの契約ですから、今の時期は来年度の採用に向けて面接をしたり、履歴書、職務経歴書を提出したりと大変なのです。特に、来年度の採用に関しては私の職種にも公募があり、たくさんの人たちと競争になるとのことで、採用されるかどうかも分からない状況なのです。
採用されないと、家計は火の車どころの騒ぎではなく、生きるか死ぬかという状況になってしまいます。
実は、女房も、この3月末で15年間勤めた会社を辞めることにしたのです。
女房は4月から始まる介護福祉士の養成校に応募しましたが、59才の年齢は相当なリスクになると思われます。
従って、最悪のケースになると、収入は私の年金だけになり、年金だけではとても暮らしてはいけないのです。

他力本願、困ったときの神頼みしか生きるすべはありません。
全く、この年になってから、こういうことになるとは思っても見ませんでした。
65才までは、年度ごとの契約ですが、今の職場で働けるものと思っていましたので、車を購入したり、リフォームをしたりしてしまいましたが、まあ、こんな薄氷の上にいたとは思いませんでした。

さあ、どうなるのでしょう。
早く、つづきをみたいですね。


【2013/03/02 03:00】 | 仕事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。