散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



映画好きの兄弟 σ(^^)
女房の弟は大変な映画好きだ。
私も、映画が好きでDVDをよく借りてくる。
私の場合は、映画の鑑賞だが、女房の弟はちょっと違う。
年間に十数本の映画にエキストラで出演する。
もちろん、趣味の範疇で、生業としているわけではない。
本業は、大手セメント会社の管理職である。

「えっ、本当」
と、最初に驚かされたのは、「篤姫」に出演した時だった。
その後、「龍馬」にも出、NHKの捕り物時代劇(題名を忘れた)では、台詞がついて、大騒ぎとなった。
映画にも、かなり出ているらしいが、題名はあまり知らない。
それでも、男女が逆になった「大奥」とか、松本人志が監督をした「さやざむらい」と題名を言えるものもある。
さや侍2

Snapz Pro XScreenSnapz031

Snapz Pro XScreenSnapz030

Snapz Pro XScreenSnapz029

画面右端に片膝を付いた侍がいるが、それが弟だ。
撮影の段階では、台詞もあったらしいが、割愛されている。

まあ、映画好きでも、見るか出るかで大きな違いなのだが、身内が出ているとなると、「さやざむらい」でもレンタルしてくる。どこに出てくるのかと映画の隅々まで見てしまう。
映画の善し悪しは二の次になる。

主人公の人がCMにその後出ていたのを見たときには、何かほっとした気分だった。


【2012/05/02 00:47】 | 映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。