散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



玉川大学クラス会のお知らせ(^_^)
1976年(昭和51年)卒業玉川大学農学部農芸化学科クラス会を下記のとおり開催いたします。該当される方はふるってご参加下さい。

箱根湯本の良質の温泉にゆったりと身を沈め、身体の疲れを湯の中にそろりと逃がし、人生の垢をこそぎ落としましょう。
そして、次の日には、箱根の秋を満喫し、目に映る紅葉に気分をすっかり染め上げましょう。


下記の往復ハガキが届きますので、10月10日までに、投函して下さい。

喜仙荘のホームページ

2009年玉大クラス会往復ハガキ往p1



2009年玉大クラス会往復ハガキ復p2


よろしくお願いします。

【2009/09/24 00:10】 | 玉川大学 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

カボチャの冷製ポタージュ(^_-)-☆
冷製と言えば夏の食べ物だが、冷夏とはいえついこの間までは、確かに暑かった。
その折に、カボチャの冷製ポタージュを作ってみた。

IMGP0210_20090923190137.jpg

最近は、見たこともないカボチャが出回っていて、ソーメンカボチャなる物も試してみた。
ソーメンカボチャはとても簡単で、大きく切って茹でればいいだけだ。失敗したのは、急ぎすぎて、流し水で冷ましたことだ。栄養分が皆流れてしまったような気がする。
ゆっくり冷ましても、小麦粉ではないから、延びる心配はない。色や、味や、栄養分を逃がさないためには、ゆっくりと冷やす方が良い。そして、身をほぐせば良かった。このカボチャの身を解すと、大根の妻のようになる。食感もよく似ている。それを、めんつゆで食べるのだが、特別、美味しいとは思わなかった。まあ、「これがカボチャ!」みたいな、驚きはあったが。

さて今回は、お菓子にも使うらしい「バターナッツ」というカボチャのポタージュスープだ。珍しい食材は、手賀沼にある「道の駅」で入手ができる。
そう言えば、今年は「花オクラ」という、オクラの花も食べた。大型の黄色い花で、ぬめぬめとした食感で、生で酢醤油で食べると美味しい。

バターナッツ
バターナッツ1.JPGバターナッツの原型を撮り忘れたのでhugel.naganoblog.jpから、原型の写真だけを借りました。

ちょうどヒョウタンのような恰好をしているが、ヒョウタンほど括れはきつくない。

皮はピーラーで面白いほど簡単に剥けてしまう。

そのまま、食べても程よい甘さで、フルーツ感覚で食べられる。本当に生でも美味しい。

アメリカではよく食べられているらしい。日本では最近見かけるようになった。
値段も、それ程高くはない。むしろ、栗カボチャの方が、遙かに高い。

まあ、食材としては、逸品だろう。扱いやすく、美味しく、安い。
それに、刳り抜く種の部分が少ない。球体の部分に種があるが、長い部分は実だけだ。

IMGP0190_20090923190454.jpg
これで、一個半分のバターナッツ。この薄く刻んだイチョウ切りが、生のままでとても美味しい。大分つまみ食いをしてしまった。

IMGP0193_20090923191853.jpg
タマネギを透明感が出るまで、少量のオリーブオイルで炒める。

IMGP0194_20090923191846.jpg
エノキをバターで炒める。

IMGP0196_20090923191840.jpg
ホワイトセロリとローストオニオンを使う。ローストオニオンは無添加の優れもので、カレーやシチューにもよく使う。

IMGP0199_20090923191833.jpg
フォンドボーとローストオニオンでコクを出す。ひたひたぐらいまで水を入れて、バターナッツが柔らかくなるまで煮込む10分~15分ぐらい。

IMGP0200_20090923191826.jpg
無添加コンソメで味を演出する。

IMGP0201_20090923191819.jpg
煮上がったバターナッツをミキサーに掛けて、ペースト状にする。

IMGP0202_20090923192412.jpg
はじめにイチョウ切りのバターナッツを入れていたザルをこし器として使い、裏ごしした状態のペーストを作る。

IMGP0205_20090923192405.jpg
ホワイトセロリを大きくざく切りする。

IMGP0206_20090923192358.jpg
ポタージュを火に掛けて、焦げ付かないようにかき混ぜながら、ホワイトセロリと透明まで炒めたタマネギとバター炒めをしたエノキダケを入れる。隠し味に、少量の醤油も加える。塩で味を調える。どうしても、バターナッツが甘いので、塩で好みの味にする。

IMGP0212_20090923192352.jpg
またまた、トリュフのオリーブオイルを長男に買ってきて貰いました。これは、本当に凄いです。

IMGP0217_20090923192345.jpg
今回は、注ぎ口も買ってきて貰いました。少量ずつ料理に落とせます。

IMGP0208_20090923203814.jpg
冷蔵庫ですっかり冷えた冷製ポタージュにトリュフが香り立つオリーブオイルを数滴垂らしたら、出来上がりです。

IMGP0223_20090923192338.jpg
メインには鶏肉の胸肉とホワイトアスパラとエリンギのアボガド和えペペロンチーノを作りました。
イタリア風、南フランス風、そんな感じの夕食でした。

美味しかったです。
ごちそうさまです。

【2009/09/23 18:01】 | 散歩と料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

第14回 小金宿祭り (^_^)
9月4日、5日、6日と「第14回小金宿祭り」が小金の町で開催された。

CA3C0210.jpg

今年から、金曜日のイベントも行われるようになっていた。
4日、金曜日の夕方から夜に掛けて、ジャズフェスティバルが催された。
5日(土)は、音楽隊と踊りのパレード、伝統の小金囃子の披露、和太鼓の演奏、阿波踊り、音楽隊と小中学校・高校の吹奏楽部の演奏が行われた。
6日(日)は、伝統の小金囃子の披露、和太鼓の演奏、小金サンバ、盆踊り、さんさん音頭コンテスト、よさこい鳴子踊りが行われた。

北小金駅南口ロータリー界隈のタクシーとバスと一般車両を通行止めにして、祭り提灯の下で、音楽と踊りと市民のみ参加型夜店を、たくさんの人たちがお祭り気分を楽しんだ。




CA3C0209.jpg

CA3C0194.jpgCA3C0192.jpg

CA3C0193.jpg今年も、我が家はこの市民参加型祭りに参加させて貰った。

長女は、伝統の小金囃子の披露でお囃子を演奏し、盆踊り、さんさん音頭コンテストの祭り太鼓を叩いた。
長男と次男は盆踊り、さんさん音頭コンテストの祭り太鼓を叩いた。

今年は、こどもたちに教えて貰いながら、私も、祭り太鼓を叩いてみた。
実に10年振り以上のブランクがあって、すっかり忘れてしまっていた。
疲れない程度に、盆踊りの拍子を叩くのだが、音がずれてしまい、ひんしゅくを買ってしまったようだ。
こどもたちは、私の心臓のことを気にしていて、気が気ではなかったようだ。

途中から従妹が応援に来た。
女房は仕事の帰り、終わりかけに駆けつけてきた。

CA3C0218.jpg

こうなると、祭りの後は、「不知火」で家族宴会となるのが定番の行事だ。
いつもながら、「不知火」の料理もお酒もおいしい。

CA3C0202.jpg CA3C0201.jpg CA3C0200.jpg CA3C0222.jpg
CA3C0199.jpg CA3C0198.jpg CA3C0195.jpg
CA3C0206.jpgCA3C0207.jpgCA3C0208.jpg柏のよさこい鳴子踊り。
この系統の踊りは「よさこいソーラン踊り」にしろ格好いい。


CA3C0211.jpg CA3C0212.jpg CA3C0219.jpg
CA3C0217.jpg CA3C0216.jpg CA3C0215.jpg
CA3C0214.jpg CA3C0213.jpg CA3C0223.jpg
CA3C0203.jpgCA3C0197.jpgCA3C0196.jpgCA3C0205.jpgCA3C0204.jpg
新しい国会議員さん、
実行委員長さん、
市議会議員さん、
副実行委委員長さんに、小金の町の顔役。



疲れたが、楽しい夜だった。

確か、女房も撮ったのだが、どこかに紛れ込んでいて、写っていない。
これは、怒られそうだ。
内緒にしておこう。

今回は携帯で写真を撮ったが、実に写りの悪い携帯だ。810万画素もあり、手ぶれ補正もあるはずなのに、古いデジカメの方がちゃんとした写真が撮れる。




【2009/09/12 01:05】 | お祭り | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。