散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



桜前線 (^_-)-☆
お彼岸のお墓参りは近所の東漸寺に行った。
女房の父方の先祖代々の仏を祀っている。
IMGP0032_1.jpg

家から歩いて3分ほどのところに、その名刹はある。
IMGP0044.jpg

IMGP0046.jpg

木々の手入れが良く施された参道や境内を持つ。
特に、桜の木は多く、春先には桜前線の前から平日でも観光客がそぞろ歩いている。
桜の木々は大木で優に20メートルの背丈のトンネルとなる。
境内では、ソメイヨシノの前にしだれ桜が見事な花姿を披露する。
その、しだれ桜を大勢の人たちが見物に来るわけだ。

IMGP0050.jpg

IMGP0051.jpg

IMGP0052.jpg

IMGP0053_20090329054852.jpg

IMGP0057_20090329054505.jpg


お彼岸の頃。
まだ、しだれ桜は二分咲きだった。

IMGP0036_1.jpg

IMGP0040_1.jpg


お彼岸の翌週には、見事な花姿を披露していた。

IMGP0078.jpg

IMGP0060.jpg

IMGP0067.jpg

IMGP0085.jpg

IMGP0077.jpg

花寒になり、開花し始めた桜はどうやら縮こまったみたいだ。
来週待つには、東漸寺の裏庭の桜も満開になり、花見で一杯の酔い客で溢れかえるだろう。

ちなみに、この日の夜は長男の卒業祝いを行った。
修士の卒業を無事果たしたのだ。
内定取り消しもなく、4月1日からは有名企業で働くことになっている。
女房の永年の苦労がやっと実を結んだわけだ。
実に、嬉しいことだ。

女房も、そして、長男も良くやった。

ちなみに、次男も博士を目指して頑張っている。
そして、長女は家計を助けるために寡黙に働いている。

女房、こどもたち、実にすばらしい人たちである。

で、家族5人で、「不知火」で宴会をしていたわけだが、私は午後十時半頃、突然気分が悪くなり、悪酔いとは違う気持ち悪さに苛まれ始めた。
顔面は蒼白、土気色になり、座っていることもままならない状態になった。

昨年新宿で急性心筋梗塞を起こしたときのあの気持ち悪さだ。
心配顔の家族たち。
じっとしていれば、ひくかも知れない。

「ニトロ、持っているんでしょう」

いつも財布に携帯しているニトロペンを舌下に置いた。

「救急車、呼んだ方が良い」
「呼んでくれ」

じっとしていられなくて、外に出た。
ちょっと吐く。
ニトロも効いてきていくらか楽になった。

悪酔いなのか、心臓なのか解らない。
「もう、大丈夫だよ」

でも、救急車が来てしまった。
自分から乗ってベッドに横になった。

心電図をとられ、血圧、脈拍、体温が測られる。
酸素100でマスクを被せられた。

救急車の中はすこぶる寒かった。
小刻みに身体が震えている。

これって酔い覚めかも知れない。
だから、救急車を降りようと思ったが、事情が事情なので救急隊員も家族緒降ろしてはくれない。仕方ないから、搬送されることにした。

女房が「新東京病院」を救急隊員に告げている。
広尾の日赤以後に通う病院だ。
日赤の先生からDVDに記録したデータまで預かって、書いて貰った紹介状の先の病院だ。

23年勤めたドイツ系の製薬メーカーの松戸近辺の現担当者から教えて貰った病院だ。
同期入社の友人を伝手にして頼んだ。

「新東京病院は、満床で断られました」
「えっ」

「循環器ではなく、内科の医師しかいませんが、状態が悪ければ、循環器の医師を呼ぶと手筈でいいですか」
「いいですよ」

結局、千葉西病院に救急車で運ばれた。

救急外来で心電図、レントゲン、血圧、脈拍、体温を測定され、酸素を供給され、血液検査をされ、生理食塩水の点滴を受けた。

血液検査と点滴のための静脈確保を若い医師とベテラン看護婦に苦労させた。
1時間ぐらいの悪戦苦闘のすえ、行ったり来たりしていた左右の腕にようやく決着が着いた。私も含め、三人で多いに喜んだ。
「浮腫んでいる。血管が収縮している」等の理由が述べられた。

結果は、白血球が15800でかなり高い値を示した以外は目立った指標は見つけられなかった。心電図は一年前の急性心筋梗塞の痕を示し、レントゲンも新肥大65%とちょっと大きめだが問題は無いと言うことで、とりあえず、帰宅して様子を見ることとなった。

救急で耳の悪い老人が搬送されてきた。
医師や看護師が大声で話すので、良く聞こえた。
どうやら、私と同じに急性心筋梗塞を昔罹患し、今回具合が悪くなって運ばれたようだ。

歩いて帰ろうとしたが、あまりにも寒く、道に迷ったようだったのでちょうど来たタクシーに乗り込んだ。
土曜日、夜明け近い午前三時過ぎ、田舎の道で、良くタクシーが拾えたものだ。

夜道を歩きながら、女房が白い息を吐きながら言った。
「あの耳の遠いおじいさん、新東京病院に通っているんだって。それでも、満床で断られて千葉西病院に搬送されたんだって」
付き添っていた次男が言った。
「役に立たないね」
「千葉西に変えたら」
「でも、新東京病院で紹介状を書いて貰ったし、まあ、来週にでも行ってくるよ」


また、女房に心配をかけ、こどもたちに心配をかけてしまった。
申し訳ない、本当に、申し訳ない。

ちなみに、最悪の状態に陥っていたとき、多分このまま死ぬかも知れないと思ったら、ついついこどもたちに、
「お母さんを、頼む」
と、言っていた。

胸の辺りと背中上部に違和感が残っているが、とにかく、また、生き延びたようだ。
女房は心配のあまり寝込んでしまった。
「ごめん、心配かけて、本当にごめん」
それしか言えない。


土曜日に行われる従弟の母親(叔母)の葬儀に出ることもできなかった。
申し訳ない。


【2009/03/29 05:23】 | 散歩 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
↓ランキングにご協力をお願いします。

選挙も様変わりなのだ (`ヘ´)
千葉県知事の選挙が29日に投票日を迎える。
我が家は、家族五人。皆投票権がある。

IMGP0002_2.jpg

ポスターを見て驚いた。
共産党を除けば、他の4候補は無所属のように思える。
共産党自体も候補者推薦で、ポスターをよく見ないと、党名を見つけられない。
自民党も、民主党も、公明党も、社民党も、国民新党も名だたる政党名がポスターから消えている。

ポスターだけ見れば、4人はどの党にも属さないで、県民を代表する県知事に立候補したようだ。

新聞を取っていない私には、名前と顔だけで投票しないとならない。

いすみ鉄道の社長が民主、社民、国民新党の推薦を受けているらしいが、そのことには全く触れていない。

同年代の俳優出身者は、党の協力を裏方の一言で隠した。何処の政党?

世の中、無党派層が多くなり、しかも、与党も野党も問題だらけだと、先ず、無所属をアピールするのだろう。

あらゆる抜け道で、お金を集められるのに、政党助成金を政党に税金から払うのはおかしいと誰も声を大にしない。
議員たちが自分たちのために、党のために作ったこんな法律はおかしい。
その証明が、今回の千葉県選挙のポスターだし、候補者たちの演説だ。

政党政治は終わりつつあるようだ。

党利党略で縛られた議員たちではなく、選挙民の、国民の本当の代表者たちが、リーダーシップを発揮しなければならない時代になったのだろう。

政党という選ぶ基準が無くなると、人物本位になってくるが、著名人しか解らない。

解らなければ、投票率が下がる。
投票率が下がれば、組織票を裏に持つ候補者が当選する。

せめて、ポスターには氏素性を明確にして欲しい。
名前と写真だけで何が解るというのだ。

まあ、ネット上には動画も含めて情報が溢れているが、ポスターしか見なければ、先ず、いい男と,いい女を選んでしまう。
例え、活動の主軸を関西に置き、かの有名な知事の推薦があったとしても、名前と写真だけのポスターでは、地元の人間だと思ってしまう。

【2009/03/25 06:44】 | 丸々 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

大根、太~い (○_○)
女房と散歩に出かけました。
「何処まで行くの」
「いつもの、富士川」
この時点で、女房は富士川まで行って、戻ってくると思っていたようです。
ところが、私は、女房に「ツクシ」を見せたいと思っていました。
さらに、昨年、河津桜がきれいに咲いていた通りにも行こうと思っていました。
いつまでも歩き、桜の通りを捜して道に迷う散歩に女房が切れかけています。
「何処まで行くの」
「こんなに歩くとは思わなかった」
ついには、
「だまされた」
「私の人生、あなたに、だまされっぱなし」

歩き始めに、畑に大根が大きく育っていました。
IMGP0003_2.jpg
でかい。確かにでかい。

富士川には、鴨が群れを成して遊んでいました。
IMGP0008_2.jpg
こんなに群れている光景は、珍しい眺めです。

ツクシが土手に出ていました。長い土手でも、限られた場所にしか見られません。
IMGP0014_2.jpg
群生する場所をツクシが選ぶ理由はわかりません。

早咲きの桜です。河津桜の類だと考えられます。
IMGP0027_1.jpg
濃いピンクできれいです。

並木道になっています。
IMGP0023_1.jpg
あんず通りという道沿いに植えられています。

珍光景がありました。二階にドアがあります。ドアベルまでついています。
IMGP0029_1_20090324022343.jpg
階段を設置した形跡はありません。このドアは何処に繋がっているのでしょう。
誰が、あのドアベルを鳴らすのでしょう。

道に迷ったり、初めての道を歩いたり、と散々女房を引き回しましたが。彼女は文句を言いながらも、結局は散歩に付き合ってくれました。

ありがたいことです。



【2009/03/24 02:38】 | 散歩 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

つくし (O_O) 見~つけ (^_^)
いつもの散歩コースでツクシを見つけた。
もう春なのだ。
と言うか、汗ばむほど暑い日だった。
冬からいきなり初夏という天気だ。
温暖化を、しっかりと確認できたような気がした。

それでも、季節は春を刻んでいる。

IMGP0017_2.jpg

IMGP0012_2.jpg IMGP0011_2.jpg IMGP0016_2.jpg


【2009/03/23 19:36】 | 散歩 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

FC2小説で落選しました。(×_×)
FC2小説サイトで小説コンテストが開催され、腕試しをしようかと応募してみました。
http://novel.fc2.com/
fc2novelcontest1_20090322014837.jpg

残念ながら、一次選考で落選しました。
それでも、「どうしてもスタッフが紹介したいと思う作品」に選ばれていました。
応募作品総数がどれだけかは解りませんが、素直に、嬉しいと思いました。

そろそろ、次回作に取りかかります。
まだまだ、プロになる道は遠いですが、書かなければ先に進みません。

fc2novelcontest2.jpg


「白い森の彼方で」が私の作品です。

あの世の話です。
この世で死んだ女子高校生が、あの世で特別な存在として再生し、あの世の秩序を正すために神と戦うというファンタジーサスペンス小説です。
まだまだ、未熟の読みにくさはありますが、面白さは抜群です。
是非とも、読んでみて下さい。


【2009/03/22 01:32】 | 小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

叔母の喜寿のお祝い (^○^)
写真は新しい携帯電話で撮りました。
慣れていないため、ピンぼけ写真ばかりです。

CA3C0035.jpg

CA3C0048_20090307092533.jpg

2月29日。
閏年生まれの叔母が、満で77才になった。
今年は、閏年ではないから、2月29日は無いわけで、本当は誕生日は来ない。
でも、喜寿とか米寿とか白寿などは数えで年齢を数えるそうだから、本来は昨年が叔母の喜寿だったわけだ。まあ、お年寄りでも目くじらを立てて、数えの年齢を主張する人も少ないわけで、ほとんどの人は還暦も満年齢で行っている。
叔母の場合、正確には、4年に一度しか誕生日は来ないから、77才であっても、じつは二十歳前で、成人式の前である。
そう言うわけで、叔母は実に若々しい。

叔母は女房と血縁で、女房によく似ている。
まるで、親子のようにそっくりである。

CA3C0030.jpg

叔母の連れ合い、叔父は肺がんで亡くなった。
今年が17回忌にあたる。
叔母は60才で未亡人となったわけだが、わたしも来年はその年齢に達する。
まあ、生きていればの話だが。

その叔父の弟さんの奥さんがわたしと同じ年だが、とても同じ年には見えない。
若々しくて、美しい。深窓のご令嬢というイメージだ。
奥さんの家は、柏駅の真ん前で「ライン」というレストランをやっている。
叔母の旦那の弟さんも大手アパレルを定年越え退職して、今では、「ライン」のシェフに収まっている。
叔母の喜寿のお祝いは、その「ライン」が会場となった。
「ライン」の家族と女房の家族だけでお祝いをした。
料理は本格的で、びっくりするほど美味しかった。
ケーキも手作りで美味しい。

CA3C0028.jpg

わたしも、手作りで、赤飯とクリームレアチーズケーキと大納言と抹茶の寒天を届けた。
じつは、喜寿は紫色のもので祝うとネットにあったので、紫芋のおこわを作ろうかと半日界隈を車に乗って探し回ったが、残念ながら紫芋は見つからなかった。

紫芋のおこわは大納言のお赤飯になった。
その代わり、クリームレアチーズケーキに冷凍のブルーベリーを入れて、淡い紫色にした。
大納言の寒天はよく煮詰めて、羊羹に近い感じに仕上げ、抹茶の寒天を上に載せ、二重構造にした。抹茶の寒天には砂糖を入れず、大納言の寒天も甘さを抑えたため、黒蜜を作って添えた。

CA3C0052.jpg


そんなわけで、叔母の喜寿の祝いは大勢に囲まれて賑やかに行われた。

CA3C0036.jpg

CA3C0029.jpg CA3C0030_20090307093127.jpg CA3C0031.jpg

CA3C0032.jpg CA3C0033.jpg CA3C0034.jpg

CA3C0037.jpg CA3C0038.jpg CA3C0043.jpg

CA3C0040.jpg CA3C0041.jpg CA3C0042.jpg

CA3C0044.jpg CA3C0045.jpg CA3C0046.jpg

CA3C0047.jpg CA3C0049.jpg CA3C0050.jpg

CA3C0051.jpg CA3C0053.jpg CA3C0054.jpg

CA3C0056.jpg CA3C0057.jpg CA3C0058.jpg

CA3C0059.jpg CA3C0060.jpg CA3C0061.jpg

CA3C0062.jpg CA3C0063.jpg CA3C0066_20090307094504.jpg

CA3C0064.jpgCA3C0065_20090307094441.jpg手作り料理、手作りケーキ、手作りスイーツ、それからたくさんのプレゼント。
叔母の人間性が人を惹き付けるのかも知れない。明るい性格でさばさばとしている。
みんなが、叔母のことを大好きだ。
そのように、年齢を重ねることは非常に難しいことだが、叔母は、そうして生きてきた。
大したものである。
実に、清々しい年寄りである。



ラインの料理は最高でした。
ごちそうさま。
ますます、体重が増えています。


【2009/03/07 09:04】 | 散歩と料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

携帯電話を変える(;_;)
IMGP1804.jpg

IMGP1794_20090306123641.jpg

2000年から使ってきた携帯電話、DoCoMo「P209i」をAU by KDDI W63CA(CASIO)に変えました。
壊れたわけではなく、新しいものが欲しかったわけでもありませんが、事情があって、一つ型落ちの機種に変えました。
じつは、千葉トヨタの担当者が成績ポイントのために携帯電話を購入して欲しいとお願いしてきました。
自動車まで買うゆとりはありませんので、日頃からお世話になっている担当者のお願いを聞いてあげることにしました。
今まで何不自由無く使用していた携帯電話P209iはDocomoですが、千葉トヨタはAuの販売代理店になったのです。
つまり、他社への変更と言うことで、携帯電話番号ポータビリティー(MNP)が必要になります。ドコモからKDDIに変更するわけです。
予想以上のドコモオペレーターの抵抗に遭いました。もちろん、他社の場合も同じでしょうが、金銭的にかなりの損を被るという印象を長々と電話口で説明されます。
一度は、そんなに損をしてしまうのならばこの時期でなくても良いかと思い、ポータビリティー番号の入手を諦めましたが、再度トヨタの担当者から依頼がありましたので、ダイヤル151のオペレーターの攻撃をかい潜り、何とか予約番号を入手することができました。
この入手した番号を実行した段階で、今まで溜まっていたDoCoMoポイントは全て無効になります。3000~4000千円分はあったでしょうか。
更に、この時期に解約すると、ペナルティーで3000円払うことになるのです。一昨年、電池交換をしたときに、DoCoMoショップに言われるままに何か会員契約したようです。
二年の期限がありその期限前と言うことで、違約金を払わされるのです。
女房の場合は9000円の支払いと言うことで、今回のAUへの変更は諦めました。
それにしても、何か、詐欺にあったような、だまされたようなDoCoMoのやり方です。
しかも、他社変更はたった一ヶ月間だけにやらなくてはお金を取られます。
若い方はよく機種変、会社変をしているようですが、損をしないようにしているのでしょうね。
細かい字で書かれた契約書などに目を通すことなどなかなかできるものではありませんが、やらなくてはならないのでしょうね。

また、ポイントを何らかのために使ってから、例えば、女房の携帯電話をドコモで買うとかすれば良かったと後で女房に怒られて気付きました。


まあ、トヨタのディーラーが代理店を始めたわけですから、時間がかかる手続きやら、きめ細かい対応などは諦めるしかありません。
値段が携帯電話の代理店から購入するより8000円がとこ安くなるようです。
値段が、安くなることは大きなメリットです。
デジカメをDTPで使うとか、PCはMacだとかいう話はしていたのですが、できたばかりの代理店では気付いてくれないままに、新しい携帯電話は手元に来ていました。
デジカメ重視の800万画素の携帯電話ですが、撮った写真のPCへの取り込みが、何と、Macではできないのです。LISMO機能はwindows機種のPCでOSがVistaかXPしか対応していないのです。
そんなことはカタログの何処にも書いていませんし、先程言ったように、トヨタの代理店では一言も言ってはくれません。
付属のCD(LISMO)が読み込めないし、写真をどうやって転送するかも解らないので、AUに直接電話して聞きました。
Macには対応していません。動作保証はありません。
携帯電話はクーリングオフができません。
AUもひどい会社です。
DoCoMoもひどい。

IMGP1805.jpg IMGP1792_20090306123922.jpg CA3C0024.jpg

IMGP1807.jpgIMGP1809.jpg結果、三通りの方法でMacに写真を取り込むことができました。
1、WindowsマシンにLISMOを入れて、USBケーブルで読み込み、USBメモリーで運び、それをMacに転送する。
2、MicroSDカードを携帯電話に入れ、リーダーにMicroSDカードを入れ、USB端子からMacに読み込ませる。
3、Bluetooth通信によりMacに転送する。G5マシンにはBluetoothが標準装備です。


下記は新しい携帯電話で撮影した風景です。
まだまだ、慣れていません。手ぶれ補正も付いているのにぼけます。
CA3C0067.jpg

CA3C0065.jpgCA3C0066.jpg早咲きの桜(河津桜)。もう春が始まっている。
外で撮る分には、結構きれいに撮れているが、まだピントが甘い。

CA3C0068.jpg CA3C0069.jpg CA3C0070.jpg

CA3C0071.jpg CA3C0072.jpg CA3C0074.jpg

CA3C0073.jpg手賀沼にも春が訪れていた。
散歩する人影も、寒い時期よりも増えていた。
花が咲き始めている。オオイヌフグリの青色が鮮やかになりホトケノザの紫が土手に目立ち始めている。


PAP_0064.jpg室内で照明を点けずに撮影すると、ピンぼけになる。
携帯電話は、デジカメには取って代われないのだろうか。




【2009/03/06 12:24】 | 丸々 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。