散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



7777 (^ニ^)
7777アクセスになりました。

7777

たくさんの方々に読んでもらっています。ありがとうござます。



【2013/12/02 21:37】 | 小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

FC小説で、5,000アクセスを達成 平成24年12月1日\(^O^)/
2008年12月3日に「白い森の彼方で」をFC小説に投稿して4年が経過した。作品は「小松左京賞」応募し、落選したもので、その後、初期のFC小説に投稿して、そのままにしてある。
2010年11月15日から、「FC小説」に閲覧数カウンタ機能がついた。そこから、カウントが始まり、2年を経過して、やっとこさっとこ、平成24年12月1日に5,000アクセスを達成した。
初期の頃のFC小説では順位が1位の時もあり、現在まで10位前後から50位あたりを行ったり来たりしている。
40,000作品以上の投稿がある中で、ゆっくりではあるが、ファンの方がいると言うことはうれしいものである。

5,000アクセス達成平成24年12月1日


【2012/12/02 01:46】 | 小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

「白い森の彼方で」が最近復活してきました。\(^O^)/
白い森の彼方で、ファンタジー230426

クリックすると大きな画像になります。


白い森の彼方で」は私が55歳~56才に書き上げた、長編ファンタジーミステリー小説です。
FC2小説に2008年12月3日に投稿して、すでに2年と4ヶ月が経ちました。
最初の頃から、かなり長い間、トップや上位に居たのですが、途中から官能小説やボーイズ小説や多アクセス数小説に蹴落とされて、500位ぐらいに落ち込んでいたのですが、最近、FC2小説が官能小説をジャンル別にくくりつけたおかげで、再び上位に戻ってこられました。
23年4月26日現在16位となっていますが、数週間前は6位まで、立ち直っていました。
アクセス数もカウント閲覧数で1247を数えています。
本当にありがたいことです。

本当にありがたかったことは、Macの内蔵ハードディスクと外付けのハードディスクが去年壊れてしまい、すべてのデータを失ったのですが、FC2に投稿していたものやFC2ブログに載せているものは、残った訳です。
そういうわけで「白い森の彼方で」も生き残りました。

去年は私自身の命も残った年なので、まあ、数奇な運命を経てきたわけです。
白い森の彼方で」は命を扱った、小説ですから、生きると言うことを私自身と私が書いた小説が体現したことになるのでしょうかね。

このブログを訪問された方は、そんな奇跡を是非に読んでください。



【2011/04/27 00:24】 | 小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

FC2小説で落選しました。(×_×)
FC2小説サイトで小説コンテストが開催され、腕試しをしようかと応募してみました。
http://novel.fc2.com/
fc2novelcontest1_20090322014837.jpg

残念ながら、一次選考で落選しました。
それでも、「どうしてもスタッフが紹介したいと思う作品」に選ばれていました。
応募作品総数がどれだけかは解りませんが、素直に、嬉しいと思いました。

そろそろ、次回作に取りかかります。
まだまだ、プロになる道は遠いですが、書かなければ先に進みません。

fc2novelcontest2.jpg


「白い森の彼方で」が私の作品です。

あの世の話です。
この世で死んだ女子高校生が、あの世で特別な存在として再生し、あの世の秩序を正すために神と戦うというファンタジーサスペンス小説です。
まだまだ、未熟の読みにくさはありますが、面白さは抜群です。
是非とも、読んでみて下さい。


【2009/03/22 01:32】 | 小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

あなたも小説家になれるかも (・O・;
novel1.jpgnovel2.jpg
↑これは画像です。クリックしても大きな元画像になるだけで、FC2小説にリンクはしていません。

↓リンク先へはこちらをクリックして下さい。
FC2小説
↑このアドレスから夢が開きます。

さあ、あなたもチャレンジしてみましょう。(^○^)

FC2IDの新規登録が済めば、後は文章を書くだけです。
あなたの才能が芽生えることでしょう。

あなたも、今日から小説家になれる。
ジャンルはエッセイでも詩でも、何でもかまわない。
あなたの、思いを言葉で綴れば、それが、もう文学の世界だ。


ちなみに、これはFC2の宣伝ではありません。
あなたの時間と才能への私からのrecommend(推奨)とtemptation(誘い)です。


【2008/12/14 11:31】 | 小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

小説「白い森の彼方で」を人気小説に!(-。-;)
FC2小説」というサイトに掲載している私の小説「白い森の彼方で」を読んで下さい。
そして、感想文を一言でも書いて下さい。
よろしくお願いします。

導入部分は、この世から、あの世に渡る情景描写で、異常な世界だとご理解下さい。
この世の記憶を「生命」から削り取って浄化していく様を描いています。

あの世があるのかないのかは解りませんが、オウリという名前の美少女が活躍するファンタジー小説です。

また、登場人物がたくさん出て参りますが、中心的に物語を引っ張っているのは10人ぐらいです。

名前の読みにくさは、名前をアナグラムという手法で作っているからかも知れません。
言葉を並べ替えて一つの言葉にする遊びです。
佐藤→サトウ→ウトサ→ウト
悪魔→AKUMA→AMUKA→アムカ
Alexander→rednaxelA→red、naxelA→レダ・ナケルア

登場人物の名前の元がどんな言葉なのか探るのも面白いですよ。
地名もアナグラムになっています。

尚、「白い森の彼方で」は下記のアドレスで連載しています。
是非、一言で良いですから感想文を書いて下さい。
よろしくお願いいたします。

「白い森の彼方で」
http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=3357

クリックするとFC2小説サイトの私の小説にワープします。

【2008/12/08 01:24】 | 小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

オウリの世界
オウリの世界をいよいよアップしていきます。

わたしが死んだら、わたしはどこに行くの?
それは、おまえが思っている世界に行くんだよ。

たった今、死んでしまった人間。
たった今の直前に、生きていた人間。

何が、どう違うの。
生命、いのち、って何だろう。



オウリの世界




タイトル  「オウリの世界」

原稿用紙換算 732枚
執筆期間   2006年1月~2007年5月


梗概

「この世からあの世へ」
 
 夢にうなされて目覚めた愛子を、焚き火の向こうから黒い甲冑を纏った男が見詰めていた。男に導かれて荒涼とした死と生の狭間を歩き続け、白く枯れた森の中で眠りについた。夜毎の夢が、彼女から前世の記憶としがらみを喪失させ、最後の夢で自分の死を悟り、愛子は来世に生まれる生命となった。

「観察師長ロウ」

 ロウは強い生命力を持って生まれる者の予兆を感じ、一際明るく輝く生命塊を夜空に見つけた。
 
「黒い妖獣」

 月のない夜、国境に近い大森林地帯に黒色の巨大な妖獣たちが出現し、五つの村が襲われ、ほとんどの幼児が殺害された。三日後には、海辺の町オナハが襲われた。

「愛子の再生、オウリの復活」

 襲い来る妖獣たちと大火から逃げ惑う群集にオウリの家族は呑み込まれ、父を見失い、辛うじて母のエキと逃げ出したが、獣たちに追い詰められて二人とも殺されてしまう。オウリの屍に愛子の生命塊が宿り、人智を超えた生命力を持って新生し、妖獣たちを一瞬で消滅させた。

「出会い、オウリの仲間たち」

 災禍の町の中にロウはいとこのオウリを見つけ、予兆の者が彼女だと確信する。
 翌朝、二人は遺跡調査員のネイサの案内で遺跡に行き、オウリはそこで生命塊になった母に会い、自分が特別な役割を担う者だと教えらた。

「執政局と観察局」

 王権転覆の憂いを拭いきれないツナラ国王クオーネは神秘学の教授スタナを迎え、観察師たちの予兆により動乱や災害を未然に防いだ。王の孫娘と婚姻をしたオラニルは保安組織を強大な権力を持つ執政局に造り替え、その頂きに君臨した。

「神々の原罪」

 生命力を管理する者たちを人々は神と崇めた。彼らは遠い昔、生命塊の世界に肉体を創り、その生命を狩る喜びに浸って来た。彼らの原罪は生命が培う生命力を悪化させ、その為に潰滅の危機に瀕した超越者は、神々を浄化する者を向かわせた。

「神が怖れるもの」

 ズカネ神は浄化する者の誕生を怖れ、オラニルに顕現し、その者を滅ぼすように命じ、現王から王権を簒奪するように啓示した。

「奇跡を行う美少女オウリ」

 被災者を癒やすオウリは、更なる犠牲者を懸念して、姿と居場所を明らかにした。合流した観察師長のイクーユとロウはネイサの生命力の強化を図り、襲来して来た妖獣たちを壊滅した。その戦闘の最中、イクーユは妖獣の元根がオラニルの娘ラトリーであることを突き止めた。

「転覆」

 王権簒奪を成したオラニルは国軍を動かし、オウリを攻撃しようとしたが、オウリと彼女の仲間たちに王宮へ乗り込まれ、彼らの圧倒的な生命力の前に屈した。

「神と戦う美少女オウリ」

 オウリは生命塊となり、アムカを入口にしてズカネの次元に渉った。壮絶な戦いの果てにズカネは屈服し、オウリはズカネを厳しく糾弾し、原罪を明らかにし、欲望を浄化した。しかし、欲望の根源を明らかにすることはできなかった。

「正された真理」

 オウリが復活した時、ズカネ神も顕現し、アムカにツナラの真理を啓示し、アムカを浄化した。秩序が正されたツナラは生命塊だけの世界となる。アムカは自分が最後の肉体をもつ者になることを知った。

「旅立ち」

 壮行の宴で踊るオウリに、この世界に生まれたばかりの生命塊たちが遊び戯れていた。
 明日には、神々を汚染する欲望の根源を求めてオウリと彼女の仲間は新たな旅に出発する。


【2008/09/03 10:00】 | 小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
↓ランキングにご協力をお願いします。

「白い森の彼方で」ツナラ王国政府の体制。
�y���b ツナラ王国政府体制表クリックすると大きな画像になります。 �s�[�X


自作小説「白い森の彼方で」(SFファンタジー)で、主人公オウリが活躍するツナラ王国の王国政府体制表である。
内府と王宮府に分かれている。
内府で重要な組織は「祭祀局」で、イリネーが所属している。
王宮府では、「観察局」と「執政局」が物語の背景を作っている。
主人公オウリの従兄がロウで、オウリを助けて活躍する。ロウは観察局観察師長だ。
観察局局長のスタナは物語に味付けをしていく。
執政局局長のオラニルがヒール役をこなしている。


ツナラ王国政府の体制
Political system of Tunara






【2008/09/03 05:27】 | 小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

「白い森の彼方で」王位継承順位
�y���b 王位継承順位表クリックすると大きな画像になります。 �s�[�X


クオーネ王のトラウトス王朝の王位継承図である。
主人公オウリの周辺を取り巻く登場人物たちは、王位継承者たちだ。
王宮は物語の舞台にもなっている。
青く塗られた曾孫公たちが物語を進めていく。


「白い森の彼方で」王位継承順位

Succession of Tunara



【2008/09/03 05:20】 | 小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

「白い森の彼方で」登場人物
�y���b 登場人物表クリックすると大きな画像になります。 �s�[�X


「白い森の彼方で」の主な登場人物である。
主人公は美少女のオウリである。
かなりの人数が登場するが、物語は10キャラクターくらいで進行していく。

「白い森の彼方で」登場人物

characters in Tunara 1

Characters in Tunara  2




【2008/09/03 05:09】 | 小説 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。