散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ここのところ、ついてません。(;。;)
ここのところ、仕事もプライベートも近所づきあいもついていません。
まあ、こういう、時もある、と言い、自分で自分を慰めて、良い日和になることを待つ。
なんて、子供の頃からず〜っと、そう思い続け、なかなかそうならないと胃が痛み始め、その状態から逃げ出していた。
また、逃げ出すことを思い始めている自分がいるのだが、もう逃げ場を創る気力も無くなっている。
さて、どうしたものか?
まあ、こんなことは誰にでもあることで、そんな、悩みを悩むことが、生きていることなんて、言えればいいのだが、とにかく面白くない流の中で溺れかけている。
【2013/06/30 04:25】 | 仕事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

ほっとしました。(^_^)v
そうそう、私はまた一年、25年度の採用が本日(3/15)決ま りました。
良かった。
ほっとしています。
毎年、この時期は、期間雇用の臨時職員にはゆうつで悩ましい季節なのです。
2月初旬に意向書の提出があり、来年度の募集に応募するか否かを伝えます。
2月中旬に面接があり、その後、写真を貼った履歴書、職務経歴書を期限までに提出します。
公募ですから、所内からも、外の安定所からも、一般からも応募してきます。
私の職種(福祉分野関係)は人気が高く、かなりの応募があったようです。
実際には、データベースを見られるので、どんな人が何人応募して来たかは分かるのですが、敢えて見ていません。
仮に、所内の人であったりしたら、気まずいですしね。
我々臨時職員に再雇用はないのです。
その年度年度で新たに臨時職員を公募採用するので、24年度の私と25年度の私は、実は違う人間なのです。
採用されれば、結果として同じ人間だったと云うことで、継続就労となり、有給休暇の日数も勤続年数分が付与されます。
21年8月に採用されて3年7ヶ月経ちました。
何人の相談をし、何人に何件の紹介をしたか、また、そのうち何人が採用に結びついたかが成績として残ります。その結果と、情報漏洩などミスがあったか、勤務態度は良かったか、協調性はあるかなどが評価基準になっているようです。
意欲、勤勉さ、常に自分の職種に相応した知識を研鑽しているか、接客態度はどうだったかなども評価の対象になります。
何よりも、65才を過ぎては特例以外は採用されません。
インターネットで賃金などの就労条件、資格などの採用条件を見ることができます。全国同じです。

ということで、生きるために窮屈に縛られる身になったことを報告します。
臨時であっても国家公務員として襟を正した生活をしなければならないのです。


【2013/03/16 23:50】 | 仕事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

来週は大変です。(^_^;)
私の勤務先は、1年ごとの契約ですから、今の時期は来年度の採用に向けて面接をしたり、履歴書、職務経歴書を提出したりと大変なのです。特に、来年度の採用に関しては私の職種にも公募があり、たくさんの人たちと競争になるとのことで、採用されるかどうかも分からない状況なのです。
採用されないと、家計は火の車どころの騒ぎではなく、生きるか死ぬかという状況になってしまいます。
実は、女房も、この3月末で15年間勤めた会社を辞めることにしたのです。
女房は4月から始まる介護福祉士の養成校に応募しましたが、59才の年齢は相当なリスクになると思われます。
従って、最悪のケースになると、収入は私の年金だけになり、年金だけではとても暮らしてはいけないのです。

他力本願、困ったときの神頼みしか生きるすべはありません。
全く、この年になってから、こういうことになるとは思っても見ませんでした。
65才までは、年度ごとの契約ですが、今の職場で働けるものと思っていましたので、車を購入したり、リフォームをしたりしてしまいましたが、まあ、こんな薄氷の上にいたとは思いませんでした。

さあ、どうなるのでしょう。
早く、つづきをみたいですね。


【2013/03/02 03:00】 | 仕事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

介護就職デイ(^-^)
厚生労働省は毎年11月11日を介護就職デイと定めて、介護で仕事をしたい方々に、介護職員の充足を図りたい事業所の合同就職面接会を中心に、様々なイベントを開催している。
ハローワーク松戸では11月10日(木)に柏商工会館で松戸市と共催で開催し、翌11月11日(金)にはアミュゼ柏で柏市と共催で開催することになった。
11月10日には、最先端福祉用具の代表格ともいえるHALⓇ(サイバーダイン(株))の実演・体験・展示も行う。他にも(株)スズキ自販千葉が電動車両を持ち込んでくれ、フランスベッド(株)は介護用ベッドを運び込んでくれる。
介護事業所は松戸で16事業所、柏で17事業所。両日出るところが5事業所あるから、28事業所が面接会に参加してくれる。求職者の予定は、松戸、柏共に100人ほどを予定している。
就職支援セミナーをハローワークで開催するが、30名の予約枠はすでに埋まってしまった。
最先端福祉用具は40名ほどでまだ半分ほどだ。面接会の参加は松戸が30名、柏が40名ほどで、まだ、集まりが悪い。人集めに、がんばらなくてはならない。
今年は、そのためにB2の大きさでポスターを作成し、近隣の鉄道の駅や、市役所、訓練校などに貼ってもらっている。その効果のほどはまだ分からない。
あと一週間が勝負だ。
書類などインフラはすべてできているので、当日がうまくいくことをいのるだけだ。

23年介護就職デイポスター4a-OL3

ポスターはかなりオーソドックスになってしまった。
来年は、デザイン性を追求しよう。
ちなみに、ポスターはにIllustratorで部品を作り、Adobe InDesignでまとめて私が作成した。



【2011/10/31 02:54】 | 仕事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

小さな部屋の仕事場で。(^_^)
「ここは、いつからあったのですか」
「一昨年の10月から始まりました」
「そうですか。もっと早く知っていれば、もっと早く来ていたのに」
「これからでも、遅くありませんよ」
「そうですね。よろしくお願いします」
「がんばりましょう」
 
彼女は職務経歴書の書き方を教えてほしいと相談に来た。
作成してきた内容を添削し、何のためにどんな文章を書くのかを彼女のあやふやな思いの中から引き出し、彼女が作成してきたものの一行一行に丁寧に応えてあげた。
履歴書や職務経歴書の意味が分かったのだろう。
感謝の気持ちを上の会話で表した。
うれしい気持ちになれた。

一年近く通ってきていた人が、目的はそのまま追い求めることにして、新たに資格を取り、就職を決めた。
ここへ来るのも今日が最後となった。
「一年になりますか」
「仕事が決まってよかったですね。仕事をしながら夢を叶えてください」
「ほんとうに、ありがとうございました」
「しっかりとがんばってください」
「明日から、仕事です」
「がんばってください」
「ありがとうございました」
彼は、何度も何度もありがとうと感謝して部屋を出て行った。
彼の背中からあふれ出す喜びを私も味わう。

多くの方々が、お礼を言うためだけにわざわざ小さな部屋に足を運んでくれる。
部屋の中に担当者は四人いる。来訪者を誰が受け持つかなどは決めていないが、来られた方と担当者の波長で自然に担当制となっている。
その担当者に、一言お礼を言いたくて、わざわざ来られる。
ありがたいことだ。
本当に、ありがたいことだ。
喜びを分けてもらっているのは私たちなのに。

2月末日の小さな仕事部屋にて。

【2011/02/28 23:54】 | 仕事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

福祉と介護 (^_^)
この木なんの木b1

6月29日に、ケアハウスや特別養護老人ホームなどを手がける社会福祉法人施設の見学会を、福祉人材コーナーで開催することになり、その見学会への参加希望者を募るために、ポスターを作成した。
ポスターはイベントの度に作成し、役所の中、そこら中に貼っている。
イラストはAdobe Photoshop CS3.5で作成し、自分で撮影した写真に載せて使う。
写真は、7年ほど前に勤めていた会社の出張でハワイに行った時に撮影した彼の有名な木だ。
撮影ポイントの位置がイラストの接地ポイントとずれているが、まあお愛嬌ということで、許して貰おう。
これをWordに貼り付け、文字を載せてポスターに仕上げる。
少しずつファンもできてきて、ポスターを楽しみにされるようになってきたから、製作者としては嬉しい。
ちなみに、私は、過去にDTPや印刷の仕事をした経験がない、全くの趣味の世界の延長で、ポスターを制作している。



【2010/06/19 23:53】 | 仕事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

二日目です。(^_^;
IMGP0139_20090820001956.jpg
《過去からの脱皮です。》

昨日(18日)から、仕事が始まりました。
初日は、研修でした。
今日の午後から、先輩の指導を受けながら実務に入りました。
数年前まで経験が嘘のように、間違ってばかりいます。
ゴルフで言ったら、一度もフェアーウエーに乗らない、そんな感じです。
仕事自体は、特種なケースに注意すれば、難しいものではないのですが。
まあ、慣れが、必要ですね。

女房が、夕食の準備をしてくれています。
気を遣ってくれているのです。

昨日は、めったに来ない女房の従妹が就職祝いだと言って、お菓子類をたくさん買ってきました。
美味しい、煎り黒豆がありました。
気を遣ってくれているんですね。

二日目の今日は、疲れて、帰宅後、夕食の直後に寝てしまいました。
久しぶりに使った足のふくらはぎが攣って、目が覚めました。

ダイニングに行くと、女房と長男と次男がいました。
心配して、仕事の様子を尋ねてきます。
こどもたちも気を遣ってくれています。

IMGP0162_20090820001935.jpg
《アルマジロ?》
IMGP0163_20090820001928.jpg
《アルマジロ?が木の幹を這っているように見えます》

病気のお父さんが働くと、心配の種が増えるようです。
申し訳ない。

でも、応援してくれています。

お父さんは、がんばります。

IMGP0144_20090820001942.jpg
《どっしりとした切り株です》


【2009/08/19 23:46】 | 仕事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

今度の仕事は・・・(^_^)
CA3C0189.jpg

今度の仕事は、国家公務員???
言わば、官僚?ですかね。(笑)
ただし、国の予算次第で、来年の4月以降の継続が決まるそうです。何とも、不安定。

でも、今のこの世情では、とてもすばらしい仕事なのです。
困っている人たちを助けることができる仕事です。

でも、給料はめちゃめちゃ安いです。

その点は、長女は働いていますし、長男もこの4月から働き始めましたし、次男も半分大学院生、半分会社員ですから、一家の大黒柱の女房さえOKならば、問題なしです。
もちろん、女房はOKでした。
むしろ、長男の扶養家族に成れるくらいの年収に抑えた方が良いのではと、勧められました。
それは、私の健康状態を思っての配慮からです。
そして、何もしないで引きこもっているより、そうやって、外に出た方が良いと、たいへん喜んでくれました。
月に15日勤務というものもあったのですが、20日勤務を選びました。
15日だと、年収で、長男の扶養家族になれるのです。
女房はいつも私を心配しています。
感謝、感激です。

CA3C0188.jpg

面接者多数の難関を突破しての採用ですから、まあ、めでたいですね。
デスクワークですから、激しい運動を止められている私には好都合です。

昨年1月26日に心筋梗塞で倒れ、広尾の日赤に救急車で担ぎ込まれて以来、リハビリの毎日で働くことができませんでした。
それでも、昨年の10月までは傷病手当や組合の見舞金を戴き、その恩恵で相当助かりました。ありがたいことです。
10月に休職期間打ち切りとなり、会社を退職しましたが、その後、雇用保険の支給を受けることができました。当初90日と言われた雇用保険の受給期間が180日に決定し、たいへん喜びました。
180日を迎えた終了日に、名前を呼ばれる順番を待ちながら、もう少し、受給期間が延びたらいいなと夢のようなことを考えていると、別枠で名前を呼ばれ、なんと60日間の延長ですと告げられました。
こんな奇蹟のような出来事があるんですね。
3月から法律が変わって、真面目に就労活動をしている雇用保険受給資格者に、安定所の所長判断で、最長60日の受給期間の延長ができるようになったそうです。
働かない状態で、たくさんの人たちに助けられていたわけです。

その夢のような奇蹟の期間もあっという間に過ぎ、再び、雇用保険の満了日を迎えるこの8月になってしまいましたが、上記のように、ぎりぎりで、三度挑戦した仕事に就けることになったのです。
そう、昨年の12月から始まった受給期間中に、同じ仕事に三回挑戦しました。
三回目に、やっと、合格したのです。

感激でした。
女房はめちゃめちゃ喜びました。
それだけでも、内心、ほっとします。
あらゆる面で、心労の絶えない女房ですからね。

そして、これから、仕事に頑張らなくてはなりません。
それにより、困っている方々の何人かは救われるのでしょう。
たくさんの人たちに恩返しです。

そして、脳みそが活性化すれば、中断してしまった小説も、筆を進めることができるようになるでしょう。
小説が書けて、本になれば、もっともっとたくさんの人が救われるかも知れません。
ちょっと、誇大妄想かもね。

CA3C0186.jpg

来年、還暦です。
ますます、頑張らなくてはなりません。

いつも、心配し、応援してくれる女房やこどもたち。
ありがとう。

いつも、励まし、応援してくれる友人たち。
本当に、ありがとう、ございます。


【2009/08/10 04:14】 | 仕事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。