散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



龍之助お祭りにデビュー\(^O^)/
IMGP2246.jpg
お祭りで、黄昏れています。

IMGP2251.jpg
おとうちゃん、がんばっています。

IMGP2256.jpg
ばあちゃんは、龍之助が大好きです。嫁と姑。

IMGP2259.jpg
とうちゃんが、かっこいいです。「どや」顔です。

IMGP2277.jpg
柏紅塾の旗を回しています。今日は、いつもより回しています。

IMGP2278.jpg
バチを持つ手も、一人前です。将来、お囃子の会に入るでしょう。

小金塾祭り。今年も、太鼓をたたきました。

年に一度だけ、小金宿祭で会う、太鼓に仲間たち。
IMGP2280.jpg

IMGP2281.jpg

IMGP2282.jpg

IMGP2283.jpg



【2011/10/03 00:39】 | お祭り | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

第14回 小金宿祭り (^_^)
9月4日、5日、6日と「第14回小金宿祭り」が小金の町で開催された。

CA3C0210.jpg

今年から、金曜日のイベントも行われるようになっていた。
4日、金曜日の夕方から夜に掛けて、ジャズフェスティバルが催された。
5日(土)は、音楽隊と踊りのパレード、伝統の小金囃子の披露、和太鼓の演奏、阿波踊り、音楽隊と小中学校・高校の吹奏楽部の演奏が行われた。
6日(日)は、伝統の小金囃子の披露、和太鼓の演奏、小金サンバ、盆踊り、さんさん音頭コンテスト、よさこい鳴子踊りが行われた。

北小金駅南口ロータリー界隈のタクシーとバスと一般車両を通行止めにして、祭り提灯の下で、音楽と踊りと市民のみ参加型夜店を、たくさんの人たちがお祭り気分を楽しんだ。




CA3C0209.jpg

CA3C0194.jpgCA3C0192.jpg

CA3C0193.jpg今年も、我が家はこの市民参加型祭りに参加させて貰った。

長女は、伝統の小金囃子の披露でお囃子を演奏し、盆踊り、さんさん音頭コンテストの祭り太鼓を叩いた。
長男と次男は盆踊り、さんさん音頭コンテストの祭り太鼓を叩いた。

今年は、こどもたちに教えて貰いながら、私も、祭り太鼓を叩いてみた。
実に10年振り以上のブランクがあって、すっかり忘れてしまっていた。
疲れない程度に、盆踊りの拍子を叩くのだが、音がずれてしまい、ひんしゅくを買ってしまったようだ。
こどもたちは、私の心臓のことを気にしていて、気が気ではなかったようだ。

途中から従妹が応援に来た。
女房は仕事の帰り、終わりかけに駆けつけてきた。

CA3C0218.jpg

こうなると、祭りの後は、「不知火」で家族宴会となるのが定番の行事だ。
いつもながら、「不知火」の料理もお酒もおいしい。

CA3C0202.jpg CA3C0201.jpg CA3C0200.jpg CA3C0222.jpg
CA3C0199.jpg CA3C0198.jpg CA3C0195.jpg
CA3C0206.jpgCA3C0207.jpgCA3C0208.jpg柏のよさこい鳴子踊り。
この系統の踊りは「よさこいソーラン踊り」にしろ格好いい。


CA3C0211.jpg CA3C0212.jpg CA3C0219.jpg
CA3C0217.jpg CA3C0216.jpg CA3C0215.jpg
CA3C0214.jpg CA3C0213.jpg CA3C0223.jpg
CA3C0203.jpgCA3C0197.jpgCA3C0196.jpgCA3C0205.jpgCA3C0204.jpg
新しい国会議員さん、
実行委員長さん、
市議会議員さん、
副実行委委員長さんに、小金の町の顔役。



疲れたが、楽しい夜だった。

確か、女房も撮ったのだが、どこかに紛れ込んでいて、写っていない。
これは、怒られそうだ。
内緒にしておこう。

今回は携帯で写真を撮ったが、実に写りの悪い携帯だ。810万画素もあり、手ぶれ補正もあるはずなのに、古いデジカメの方がちゃんとした写真が撮れる。




【2009/09/12 01:05】 | お祭り | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

2009年、小金八坂神社祭礼 (^_^)
今年の小金八坂神社の祭礼も、無事に終わりました。
今年は、子供神輿に付く年番だったので、祭礼当日は写真をあまり撮れませんでした。
次男と長女と長女の友人たちが、お囃子を手伝いました。

CA3C0183.jpg

CA3C0184.jpg

IMGP0089.jpg

IMGP0088.jpg IMGP0090.jpg IMGP0092.jpg

IMGP0094.jpg IMGP0097.jpg IMGP0099_20090804103242.jpg

IMGP0091.jpg IMGP0093.jpg IMGP0100_20090804103249.jpg

IMGP0101_20090804103255.jpg IMGP0102_20090804103302.jpg IMGP0103_20090804103308.jpg

IMGP0095.jpg IMGP0096.jpg IMGP0098_20090804103120.jpg

IMGP0104_20090804103315.jpg IMGP0105_20090804103434.jpg IMGP0106_20090804103441.jpg

IMGP0107_20090804103447.jpg IMGP0108_20090804103454.jpg IMGP0109_20090804103500.jpg

IMGP0110_20090804103507.jpg IMGP0111_20090804103612.jpg IMGP0112_20090804103619.jpg

IMGP0113_20090804103625.jpg IMGP0114_20090804103632.jpg IMGP0115_20090804103638.jpg

IMGP0116_20090804103645.jpg IMGP0117_20090804103705.jpg

CA3C0177.jpg CA3C0178.jpg CA3C0179.jpg

CA3C0180.jpg CA3C0181.jpg CA3C0182.jpg

皆様、お疲れ様でした。

【2009/08/04 10:21】 | お祭り | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
↓ランキングにご協力をお願いします。

小金宿祭り(9/7、日曜日)
小金宿祭りは土曜日と日曜日の二日にわたって開催されいる。
日曜日の小金宿祭りを見に行った。

IMGP0313.jpg

土曜日は友人が出演しているコンサートを見に行き、その後は食事会だったので、見ることはできなかった。
土曜日は娘だけがお囃子で参加した。
日曜日はさんさん踊りが中心になる盆踊り大会が行われる。
盆踊りと言えば、太鼓である、
大太鼓が音頭を小気味よく取ってこそ、盛り上がり、踊れるというものだ。
その大太鼓を長男と次男と長女の三人が叩く。
今年で、13回目と言うから、こどもたちは13年間も太鼓を叩いている。
毎年、若い子が太鼓に参加してくるが、ハードなのか続かない。
結局は、当初から叩いている人たちだけが継続して叩いている。

IMGP0291.jpg生憎の小雨模様だったが、ひどい降りにはならなかった。
久しぶりに、女房も誘って子供たちの雄姿を見に行った。


IMGP0292.jpgIMGP0293.jpgIMGP0294.jpgIMGP0295.jpg
IMGP0296.jpgIMGP0297.jpgIMGP0298.jpgIMGP0300.jpg
IMGP0301.jpg
小金宿祭りでも小金囃子のお披露目が恒例となっている。
現在は小金囃子と名乗っているが、江戸時代、文化文政以前より馬橋、三ヶ月、二ツ木、幸谷(元馬橋村)小金地区、三郷、その他、に伝わる御叢居囃子と称するもので、江戸囃子、神田囃子、などの源流となったとされている。当時はお囃子を関東一円で頼まれ、貴重な収入源となっていたようだ。以前神田囃子を聞く機会があったが、確かに似ていた。明治に入って神輿となったようだが、元来は獅子舞が本流とされている。小金宿には上、中、下と町会があり(現行政区画とは異なる、昔からの区割り)それぞれの町会に獅子頭が伝わっている。

IMGP0302.jpgIMGP0305.jpgIMGP0309.jpgIMGP0310.jpgIMGP0311.jpgIMGP0341.jpgIMGP0350.jpgIMGP0351.jpg
IMGP0352.jpgIMGP0353.jpgIMGP0354.jpgIMGP0355.jpg
IMGP0356.jpgIMGP0362.jpgIMGP0363.jpgIMGP0364.jpg
IMGP0365.jpgIMGP0368.jpgIMGP0369.jpgIMGP0370.jpg
IMGP0371_1.jpgIMGP0374_1.jpgIMGP0375_1.jpgIMGP0376_1.jpg
IMGP0395.jpgIMGP0396.jpgIMGP0397.jpgIMGP0398.jpg
IMGP0400.jpgIMGP0404.jpgIMGP0406.jpgIMGP0407.jpg
IMGP0408.jpgIMGP0409.jpgIMGP0410.jpgIMGP0411.jpg

小金宿祭りは小金囃子の後、サンバカーニバル、さんさん踊りコンテスト、よさこいソーラン踊り、盆踊り、コンテスト表彰式、盆踊りと続いたが、だんだんと雨にたたられ、1時間早く切り上げられた。


IMGP0339.jpg

IMGP0337.jpgIMGP0338.jpgIMGP0349.jpgIMGP0359.jpg
IMGP0378_1.jpgIMGP0379_1.jpgIMGP0380_1.jpg
長男も予定を変更して参加した。

IMGP0321.jpg

IMGP0306.jpgIMGP0307.jpgIMGP0322.jpgIMGP0323.jpg
IMGP0324.jpgIMGP0325.jpgIMGP0326.jpgIMGP0329.jpg
IMGP0334.jpgIMGP0335.jpgIMGP0336.jpgIMGP0377_1.jpg
IMGP0382.jpgIMGP0383.jpgIMGP0384.jpgIMGP0392.jpg
IMGP0398.jpgIMGP0402.jpgIMGP0403.jpg
次男は結構頑張った。

IMGP0319_20080913031511.jpg

IMGP0314.jpgIMGP0315.jpgIMGP0316.jpgIMGP0317.jpg
IMGP0318.jpgIMGP0319_20080913031057.jpgIMGP0330.jpgIMGP0340.jpg
IMGP0342.jpgIMGP0347.jpgIMGP0357.jpgIMGP0358.jpg
IMGP0381.jpgIMGP0385.jpgIMGP0386.jpgIMGP0387.jpg
IMGP0388.jpgIMGP0389.jpgIMGP0390.jpgIMGP0391.jpg

長女は12才から13年間、小金囃子と小金宿祭りの太鼓を続けてきた。大したものだ。

IMGP0332.jpgIMGP0372_1.jpgIMGP0373_1.jpgIMGP0393.jpg
IMGP0405.jpg
   ↑
  ←兄妹競演。      

       母とこどもたち
                    ↓

IMGP0299.jpgIMGP0331.jpgIMGP0399.jpgIMGP0401.jpg


 小金太鼓連。
  ↓
IMGP0320.jpgIMGP0327.jpgIMGP0328.jpgIMGP0333.jpg
IMGP0360.jpgIMGP0370.jpgIMGP0394.jpgIMGP0406.jpg


IMGP0413_20080913034849.jpg

お疲れさんということで、最近マイブームの「不知火」に子供たちと呑みに行った。
皆、疲れ切った顔をしている。
長男と次男は「不知火」に来たがっていたので、次々に出てくる美味しい料理に大感激していた。


   お疲れ様でした。




【2008/09/10 15:09】 | お祭り | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
↓ランキングにご協力をお願いします。

小金八坂神社例大祭(7/13)の2
祭礼もいよいよ大詰めです。
神社を出発して参道、上町渡御、中町渡御、下町渡御で折り返し、神輿は下町、中町、上町と渡御し、北小金駅前のロータリーを時間をかけて一周します。
そして、町内の渡御を終え神社に帰ってきます。
神社の境内に着くと、祭礼が終わることを嫌がるように神輿は暴れ出します。
担ぎ手は大変です。神輿は高く差されたり、ぐるりと回ったり、左右に大きく波打ったりと揉み込まれます。
担ぎ手の息は上がり、汗だくになります。もういいかげんにしてくれと心の中で弱音が出てきますが、神輿の興奮は収まりません。誰かが先導しているわけではありません。
祭礼も大詰めです。
境内に集まった人たちが盛んに囃し立てます。
多少暴れても、進行方向に整然と進んでいた神輿は、もう進むところがありません。だから、いつまでも、いつまでも暴れ続けます。
上町世話人が馬の上に立ち上がります。拍子木で神輿を誘導します。
神輿は獰猛さを失い、従順に拍子木の合図に従い始めます。
それでも、時々、神輿は駄々をこねるように上下に左右に身体を揺らし収まろうとはしません。
かーん、かーん、かーん、かん、かん、かん、かーん。
拍子木が高い音を響かせて打ち鳴らされます。
神輿は渋々馬にまたがります。青竹が急いで被せられます。
もう、神輿は動くことができません。


�y���b 写真画像クリックすると大きな画像になります。 �s�[�X


IMGP1172.jpgIMGP1173.jpgIMGP1174.jpgIMGP1175.jpg
IMGP1176.jpgIMGP1177.jpgIMGP1178.jpgIMGP1179.jpg
IMGP1180.jpgIMGP1181.jpgIMGP1182.jpgIMGP1185.jpg
IMGP1186.jpgIMGP1187.jpgIMGP1188.jpgIMGP1189.jpg
IMGP1190.jpgIMGP1191.jpgIMGP1192.jpgIMGP1194.jpg
IMGP1195.jpgIMGP1196.jpgIMGP1197.jpgIMGP1198.jpg
IMGP1200.jpgIMGP1201.jpgIMGP1202.jpgIMGP1203.jpg
IMGP1204.jpgIMGP1205.jpgIMGP1206.jpgIMGP1207.jpg
IMGP1209.jpgIMGP1210.jpgIMGP1211.jpgIMGP1212.jpg
IMGP1213.jpgIMGP1214.jpgIMGP1215.jpgIMGP1216.jpg
IMGP1217.jpgIMGP1218.jpgIMGP1219.jpgIMGP1220.jpg
IMGP1221.jpgIMGP1222.jpgIMGP1223.jpgIMGP1224.jpg
IMGP1225.jpgIMGP1226.jpgIMGP1227.jpgIMGP1228.jpg
IMGP1229.jpgIMGP1230.jpgIMGP1231.jpgIMGP1232.jpg
IMGP1233.jpgIMGP1234.jpg



神主が神輿から本殿に御霊を誘います。
神輿の分解が始まり、本殿に神輿も収められます。
力仕事で、たくさんの男たちが協力し合わないとできない作業です。

翌日には、神輿はきれいにされて社務所に収められます。
各町会でも、明日は大片付けの半日になります。

皆様、ご苦労様でした。


【2008/07/14 19:28】 | お祭り | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

小金八坂神社例大祭(7/13)の1
小金八坂神社例大祭の日(7/13)になりました。
本日も、わたしは年番で宮番の役目が18:00~20:00にあります。
それまでは、自由なので神輿について回ることにしました。
ただ、リハビリ中の身体ですから、休憩を取りに自宅に戻って一休みということもしばしばです。それから渡御に戻ると、思っていた場面の時間を読み違え、写真撮影のチャンスを逃したりしました。肝心の中町渡御やロータリー渡御を収めることができませんでした。
今回も、経過時間ごとの写真集としてアップしますので、お祭りの雰囲気を楽しんでください。


�y���b 写真画像クリックすると大きな画像になります。 �s�[�X



IMGP1064.jpgIMGP1065.jpgIMGP1066.jpgIMGP1067.jpg
IMGP1068.jpgIMGP1069.jpgIMGP1071.jpgIMGP1072.jpg
IMGP1073.jpgIMGP1074.jpgIMGP1075.jpgIMGP1077.jpg
IMGP1078.jpgIMGP1080.jpgIMGP1081.jpgIMGP1082.jpg
IMGP1083.jpgIMGP1084.jpgIMGP1085.jpgIMGP1086.jpg
IMGP1087.jpgIMGP1088.jpgIMGP1089.jpgIMGP1090.jpg
IMGP1091.jpgIMGP1092.jpgIMGP1093.jpgIMGP1095.jpg
IMGP1096.jpgIMGP1099.jpgIMGP1100.jpgIMGP1101.jpg
IMGP1102.jpgIMGP1104.jpgIMGP1105.jpgIMGP1106.jpg
IMGP1107.jpgIMGP1108.jpgIMGP1109.jpgIMGP1110.jpg
IMGP1111.jpgIMGP1114.jpgIMGP1116.jpgIMGP1117.jpg
IMGP1118.jpgIMGP1119.jpgIMGP1120.jpgIMGP1121.jpg
IMGP1122.jpgIMGP1126.jpgIMGP1127.jpgIMGP1128.jpg
IMGP1129.jpgIMGP1130.jpgIMGP1131.jpgIMGP1132.jpg
IMGP1133.jpgIMGP1135.jpgIMGP1136.jpgIMGP1137.jpg
IMGP1138.jpgIMGP1139.jpgIMGP1140.jpgIMGP1141.jpg
IMGP1142.jpgIMGP1143.jpgIMGP1144.jpgIMGP1145.jpg
IMGP1146.jpgIMGP1147.jpgIMGP1148.jpgIMGP1149.jpg
IMGP1150.jpgIMGP1151.jpgIMGP1152.jpgIMGP1153.jpg
IMGP1154.jpgIMGP1155.jpgIMGP1156.jpgIMGP1158.jpg
IMGP1159.jpgIMGP1162.jpgIMGP1164.jpgIMGP1165.jpg
IMGP1166.jpgIMGP1167.jpgIMGP1168.jpgIMGP1169.jpg
IMGP1170.jpgIMGP1171.jpg


続きは例大祭2へ。


【2008/07/14 11:15】 | お祭り | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。

小金八坂神社祭礼宵宮(7/12)
7月12日は小金八坂神社祭礼の宵宮でした。
たまたま、わたしは年番に当たっていて宮番が役目でした。
17:00~19:00まで神社に出向き、神輿の見張り番や、奉納の受付をしました。
上町、中町、下町の三町から一人ずつ年番が出てきますから、三人でべちゃくちゃ喋りながら役目をするわけです。皆旧知の顔見知りですから気心は知れています。
小金の町中が宵宮ですから、三町の神酒所では祭り囃子が奏でられて、酒やビールが大盤振る舞いされ、枝豆や焼き鳥などが食べ放題の宴となっているはずです。
残念ながら、わたしは神社で宮番です。
ところが、神社も盛り上がってきました。
神社の境内では、教育行政区画割りの子供会主催の子供宵宮の準備が始まりました。その手伝いを世話人を卒業したOBの会、天王会がしています。準備が調うに従って子供とお母さんたちの人数が増え、見る間に神社の境内は人で埋め尽くされました。
300人以上の子供たちが集まったようです。父兄を入れると、500人ぐらいの人数が神社の境内に溢れかえりました。
クライマックスは神主によるお祓いです。
神主は原宿の東郷神社から招いています。
人型を開いてその内側に三回息を吹きかけ、お祓いして貰いたい身体の部分に当てます。
人型を閉じて、係の方が集め、神主がお祓いの祝詞をあげます。

家内安全、無病息災、大願成就、待ち人来たる、は、子供たちだから関係ないか。
奥さんたちに来ても家内安全は無くなるし・・・。
まあ、御利益は大であることには間違いなしということで。

写真集にしました。雰囲気を楽しんでください。


�y���b 写真画像クリックすると大きな画像になります。 �s�[�X


笹竹神社大鳥居IMGP0994.jpgIMGP0996.jpg
子供神輿大神輿1大神輿全景子供神輿三騎め
大神輿の調整IMGP0997.jpgIMGP0998.jpgIMGP1000.jpg
IMGP0999.jpgIMGP0992.jpgIMGP1006.jpgIMGP1007.jpg
IMGP1002.jpgIMGP1003.jpgIMGP1004.jpgIMGP1005.jpg
IMGP1008.jpgIMGP1009.jpgIMGP1010.jpgIMGP1011.jpg
IMGP1012.jpgIMGP1013.jpgIMGP1014.jpgIMGP1015.jpg
IMGP1016.jpgIMGP1018.jpgIMGP1019_20081111094731.jpgIMGP1020_20081111095200.jpg
IMGP1021_20081111095214.jpgIMGP1022_20081111095238.jpgIMGP1023_20081111095258.jpgIMGP1024_20081111095319.jpg
IMGP1025_20081111095339.jpgIMGP1026_20081111095401.jpgIMGP1027_20081111095421.jpgIMGP1028_20081111095444.jpg
IMGP1029_20081111095507.jpgIMGP1030_20081111095542.jpgIMGP1031_20081111095600.jpgIMGP1032_20081111095622.jpg
IMGP1033_20081111095640.jpgIMGP1034_20081111095659.jpgIMGP1035_20081111095722.jpgIMGP1036_20081111095744.jpg
IMGP1037_20081111095802.jpgIMGP1038_20081111095820.jpgIMGP1039_20081111095840.jpgIMGP1040_20081111095859.jpg
IMGP1041_20081111095923.jpgIMGP1042_20081111095943.jpgIMGP1043_20081111100001.jpgIMGP1044_20081111100018.jpg
IMGP1045_20081111100037.jpgIMGP1046_20081111100100.jpgIMGP1047_20081111100125.jpgIMGP1048_20081111100148.jpg
IMGP1049_20081111100214.jpgIMGP1050_20081111100233.jpgIMGP1051_20081111100255.jpgIMGP1052_20081111100313.jpg
IMGP1053_20081111100329.jpgIMGP1054_20081111100351.jpgIMGP1055_20081111100414.jpgIMGP1056_20081111100430.jpg
IMGP1057_20081111100453.jpgIMGP1058_20081111100515.jpgIMGP1059_20081111100533.jpgIMGP1061.jpg
IMGP1062.jpgIMGP1063.jpg



写真のピンぼけはご容赦下さい。


【2008/07/13 09:24】 | お祭り | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
↓ランキングにご協力をお願いします。