散歩と料理と小説と俳句と丸々
散歩は、糖尿病と心筋梗塞予後のためにしなくてはならないので、デジカメを持って我が家の近所を歩き回っています。 料理は、奥さんが働いているので夕飯を作ります。 小説は、夢を見続けて、小説家を目指しています。
プロフィール

きんさん

Author:きんさん
いつの日にか、自分の小説を本にしたいと夢見ている幻想世界の住人。



ボタンを押して、投票をお願いします。

blogram投票ボタン



掲示板(Never-Ending)

http://kinsan.8.bbs.fc2.com



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ついにデジタル一眼レフを買ってしまいました。(@_@;)
ついにデジタル一眼レフカメラを買ってしまいました。

「PENTAX K-5」

「画素数:1693万画素(総画素)/1628万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.7mm×15.7mm/CMOS 連写撮影:7コマ/秒の高速連続撮影やフルHD動画撮影を実現したデジタル一眼レフカメラ。「K」シリーズの最上位モデル。記録メディア:SDHCカード/SDカード 重量:660g
「PENTAX」ブランドのデジタル一眼レフカメラの新モデル「PENTAX K-5」。ラインアップの中で一番エントリークラスの標準ズームレンズ「smc PENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6ED AL WR」を同梱した「PENTAX K-5 18-55WRレンズキット」を購入しました。
ビックカメラ(柏)で154,800円。それを値切りましたが、152,000円が限度でした。
ポイント10%がつきますが、ビックカメラの5年保証をつけると、5%のポイントになってしまいます。7,600円分。それに4GのSDメモリーがつきます。2,000円~3,000円ほど。
142,000円ぐらいで買えたかな?というほどしか安くはなりません。
まあ、出たばかりだからね。

ネットの価格.COMでかえば127,000円で買えたのですが。
11月6日に高校の同窓会があり、写真係を頼まれたので、早くほしいので、買ってしまいました。

デジタルカメラも使いこなせてはいませんでしたので、オート取りがほとんどでした。
「K-5」はボタンとダイヤルだらけで、全くわかりません。
露出とシャッター速度とISO感度の組み合わせとレンズの交換によって写真を撮るらしいのですが、覚えきれません。
取説は分厚く、読んでいると寝てしまいます。

ADOBEのアプリケーション説明ビデオみたいなものがついているのかと思いましたが、そんなものはありません。

おろおろ、????、あせあせ。

それならば、ネットで使い方を説明しているかと探すと、専門用語ばかりが自慢げに飛び交うものばかりで、ちんぷんかんぷん。

露出とシャッター速度とISO感度の組み合わせの代表的なものは決まっているはず。
たとえば、色見本、イエロー、マゼンタ、シアン、ブラックの組み合わせで、印刷色が決まるように、RGBだったら、レッド、グリーン、ブルーの割合で色が決まるように、夜景ではどうこう、顔を中心にとるならどうこう。雪景色なら、ポートレートなら、見本を書いておいてほしい。
又は、ダイヤルに絵をつけて、そこに合わせてから、微調整するみたいな機能が欲しい。
あるいは、あるのかもしれないが、買ってから3日たったが、わからない。

PENTAXがHOYAに飲み込まれたときに社長をしていたのが、女房のいとこだし、49歳でアメリカに語学留学を7ヶ月したときに、デンバーで世話になった方がアメリカPENTAXの役員でしたし、その方といとこが知り合いだったことが後でわかったし、最初に買ったデジカメがPENTAX Optio 550だったしで、どういうわけか、PENTAXにシンクロニシティしている訳なので、「K-5」の購入もその流れなのだと思う次第です。

一年もすれば、使いこなせている、ということになっていればよいのですがね。

女房がぽんと10万円を出してくれました。
ありがたいことです。

年金を女房のために貯金しようというもくろみは、猫がきたり、Macが壊れたり、新しいアプリケーションを買ったり、オール電化にしたりとかで、なかなか思うように進まないのですが、女房の心遣いには、感謝感謝です。

このカメラで、また、ブログ更新への意欲も生まれてくるかと思います。


【2010/11/06 10:10】 | 趣味 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
↓ランキングにご協力をお願いします。